top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

大切にしている考え方は?<vol.382>

おはようございます。


あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です。



毎日、目にするニュースに

心が痛むものが多い今日この頃。



地震の被災地の方々、

航空機を利用する方々、

そして関係者の方々には

心よりお見舞いを申し上げます。



そして

1995年1月17日に起きた

阪神淡路大震災から

29年が経ちました。



災害が各地で相次ぐ中、

29年前の経験や教訓を

どう生かすのか、

ともに考える一日にします。





さて

前回のメルマガは

「コミュニケーションの極意は〇〇です」

をお届けしました。



コミュニケーション上手な人が

している極意。


結論からいうと

〇〇に入ることばは

「対話」です(^^)/



しかし

「会話」ということばもありますよね。


「対話」と「会話」は似て非なるもの。


ことばは似ていますが

目的は全く違います。



では

コミュニケーションの極意の「対話」とは?



まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



今回のテーマは


☆------------------------------------☆


大切にしている考え方は?


☆------------------------------------☆


突然ですが質問です。



あなたが

大切にしている考え方って何ですか?




ちょっと

唐突過ぎたかもしれません。



では、


あなたは

誰かのことを想って

その人のために

行動したことはありますか?



きっとありますよね!



その人を想いながら

その人のために

何かの行動をする。




たとえば


時間をつくる


話を聴く


ことばをかける


メールをする


何ができるかを考える


理解に努める


応援をする


協力する


寄り添う


助ける


サポートする


逢いに行く


一緒に過ごす


プレゼントする


などなど


挙げたらキリがありません。



この他にも

きっと色々なことが

あるのではないでしょうか。




では

もうひとつ質問です。




今度は逆の内容です。



あなたが誰かに

してもらったことで

うれしかったこと、

心に残っていることは

ありますか?



いかがでしょうか?




何が印象に残っていますか?


どんなことを思い出しましたか?




今回、お届けしたいことば、


それは



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


懸情流水(けんじょうりゅうすい)


受恩刻石(じゅおんこくせき)


△△△△△△△△△△△△△△△△




これは

仏教経典のことばと言われています。



意味としては

その漢字のとおり



懸情流水

「情を懸けしは 水に流し」

^^^^^^^^^^^^^^^^^


受恩刻石

「恩を受けしは 石に刻むべし」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




ところが

その教えとは

逆のことをしてしまうことが

あるかもしれません。



逆というのは



「相手にかけた情けは

 自分の心に刻むことがあっても

 自分が受けた恩は

 水に流して忘れてしまう」こと。




たとえば


自分はAさんに〇〇してあげたのに・・・


自分はこんなにやっているのに

Aさんは何も返してくれない・・・



そう思ったら相手のことを

「恩知らず」

と感じるように

なるかもしれません。



そして

その相手からは

「恩着せがましい」

と思われるように

なるかもしれません。




だから

「あなたのために

 〇〇をしたから貸しにする」

と、恩着せがましいことを思わずに


「困ったときはお互いさま!

 少しでもお役に立てて良かった」

と、さりげなく言ってしまう。



そのような人にこそ相手は

「この人にお返ししたい!」

と、きっと思うことでしょう。




だからこそ


自分がしてあげたり

やってあげたことばかりを

挙げるのではなく、


してもらったことを忘れずに

それを何かの形でお返しする。



それが

「恩返し」




そして

受けた恩を直接その人に

返すのではなく

別の人に送っていく。



それが

「恩送り」



今回の北陸地方で発生した

地震による多くの災害。


本当に胸が痛みます。


この震災でも

以前、自分自身が被災にあわれた方


自分が大変困っているときに

周りの人たちに助けてもらった方


ある人に助けてもらったおかげで

今があるという方



そのような経験のある方が

率先して自分にできることを考えて

行動をしていると感じています。



「懸情流水 受恩刻石」



私自身が大切にしている

ことばのひとつです。




そしてまさに

メルマガを読んでくださる

あなたの存在がありがたいです!



だからこそ

今ここに自分自身が

あるのだと思います(^^)



いつも本当に

ありがとうございます。





ほんの小さな心がけ


その「小さな一歩」の行動で

あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります。



そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。



感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!


感想の送信はこちらから



それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/




☆編集後記☆


阪神淡路大震災が起きた

早朝の5時46分。


この時間には

すでに羽田空港で

勤務が始まっていたので

羽田も大きく揺れたことを思い出します。



北陸地方の震災

阪神淡路大震災

東日本大震災


寒い冬の時期に起きた

これらの大災害。


人と人が協力し合うこと

お互いに相手を思いやること


その大切さを考える

1日にしたいと思います。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<無料ダウンロードサービス>

 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<過去のメルマガ・ブログ>


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、

これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方

・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方

・名刺交換をさせていただいた方

にお届けしています。



◆------------------------------------------------◆

 

運営者

 プレシャスパートナー 小島敦子

◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2024年1月17日 第382号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ご感想の送信はこちらから


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、なんだかうまくいかないとき<vol.387>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日の関東地方は 5月の陽気でした。 あまりの暑さに 電車内のエアコンは冷房になっていて ビックリしました! とはいえ、 暑かったり 寒さが戻ったり まさに三寒四温の状態です。 そして、アツイといえば 海の向こうで ホットな話題のひとつは メジャーリーグ関連のニュース。 特にドジャースに移籍した

「1番」の体験から学んだこと<vol.386>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日、配信予定でしたが 配信設定を誤ってしまい 1日遅れの配信となりました。 2月14日は バレンタインデーでしたね。 この時期のデパ地下の チョコレート売り場は 以前は購入者の列ができたり、 誘導をするなど 大変な混雑でしたが、 今年は意外と 落ち着いている感じがしました。 そして、 この時期

あなたの心に住んでいるものの正体は?<vol.385>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 2月4日の立春が過ぎ、 暦のうえでは春に入り、 春の兆しがみえ始める頃。 そんな時期ですが 関東は久しぶりの雪。 積もるほどの雪は約2年ぶりでした。 大雪警報が発せられ、 足早に帰宅する姿を多く見ました。 私も千葉で仕事を終え、 帰宅する頃は雪の量が 増え始めた時間でした。 そして 雪が降った後

bottom of page