top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

【ベスト5】2023年の第3位は?<vol.377>

おはようございます。


あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です。



まずはお詫びをさせていただきます。



毎週水曜日に配信しておりますが、

昨日は配信スタンドの不具合により

メルマガをお届けすることが

叶いませんでした。



1日遅れとなりますが、

どうぞよろしくお願いいたします。



そして

あっという間に12月も半ば。


やはり「師走」は何かと気ぜわしく

時間が経つのが本当に早いと感じます。



毎年恒例の

今年1年尾世相を漢字一文字で表す

「今年の漢字」が

京都の清水寺で発表されました。


2023年 「今年の漢字」は「税」。


筆を執った清水寺の森清範 貫主は

「税」が選ばれたことについて

「国民がシビアに税の行方を見ている。

税に対する意識が非常に強いことを

改めて感じた」と話していました。



「税」


なんだかちょっとつまらない~

正直、そんなことを思いました。



ちなみに私が自分自身で

1年のありたい姿として

選んだ漢字は「選」。



そして

2024年のありたい姿として

選ぶ漢字一文字も

もう決めています(^^)/



2024年までは、あと18日!


引き続き

素敵な12月になりますように(^^)/





さて

毎年12月は恒例として

1年間の振り返りを

お届けしています。


題して

「2023年メルマガBEST5」


「BEST5」は

皆さまからの感想や

コメントが多かった順位です(^^)



前回は第4位の内容を

お届けしました。



第4位は

『お客様は神様です』の本当の意味とは?

(11月16日掲載)



『お客様は神様です』

歌手の三波春夫さんが発した

誰もが聞いたことのあるフレーズです。



しかしながら、

『お客様は神様です』のフレーズ、


これが

間違った意味として捉えれられているために


お客様はエライ


お客様の言うことに絶対に従うべき


お客様が傍若無人に振る舞う


そんなことが世の中では

横行していることを感じます。


では

『お客様は神様です』の本当の意味とは?


その意味を聞いて驚きました!




まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪

なお、

他の順位はコチラです。


第5位(4月26日掲載)

「ある女性から学んだ、私が反省した出来事」

それでは

今回は第3位をお届けします。


※現状に合わせて

 少しだけ加筆修正をしています

ぜひもう一度

一緒に振り返っていただけたら

うれしいです(^^)/



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今回のテーマは

☆------------------------------------☆

 2023年 第3位(6月7日掲載)


 あなたが発した「ことばの行先」は?

☆------------------------------------☆


突然ですが質問です。



あなたにとって

最近、楽しかったことって何ですか?



その場面を

ちょっと思い出してみてください。



いかがでしょうか。



楽しいことを思い出そうとすると

私たちの脳は

その出来事の記憶にアクセスします。



そうすると、

そのときに体験した場面や

楽しい気持ちがよみがえってきます(^^)




では、

今度はこんな場面を

思い出してみてください。



あなたが

相手から言われたことばで

嫌な気持ちになった場面です。




いかがでしょうか?




もし

思い出せないということであれば

今は嫌な気持ちになっていないので

それならば良いでしょう。



でも、言われたそのときは

相当、嫌な気持ちになったはずです。




そんな嫌な気持ちになったとき、

私はいつも

この話を思い出すようにしています。

(じつはつい最近も

 嫌な思いをしたことがありました・・・)



今回はそのお話をお届けします。



そのお話は

「お釈迦様とある男」です。




あるところに、

お釈迦様が多くの人たちから

尊敬されている姿を見て、

ひがんでいる男がいました。



「どうして、あんな男が

 みんなの尊敬を集めるのだ。

 いまいましい!」



男はそう言いながら、

お釈迦様の化けの皮を剥がして

ギャフンと言わせるための

作戦を練っていました。



ある日、その男は

お釈迦様が毎日同じ道のりを

散歩に出かけていることを知りました。



そこで男は

その散歩のルートで

お釈迦様を待ち伏せして、

群衆の中でお釈迦様を

ののしってやる計画をしました。



「釈迦の野郎、

 きっと俺に悪口を言われたら

 汚い言葉で言い返してくるだろう。

 その様子を大勢の人が見たら

 あいつの人気なんて

 アッという間に崩れるに違いない」



そして、その日が来ました。


男はお釈迦様の前に立ちはだかって

口汚く、ひどい言葉を投げかけました。



すると

お釈迦様は、ただ黙って

その男の言葉を聞いておられました。



お釈迦様の弟子たちは

悔しい気持ちでいっぱいになりました。


「お釈迦様、あんなひどいことを

 言わせておいていいのですか?」

とお釈迦様にたずねました。


それでも、お釈迦様は

ひと言も言い返すことなく、

ただただ黙って

その男の悪態を聞いていました。



男は一方的に

お釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか

しばらく、

その場にへたりこんでしまいました。



どんなに悪口を言っても

お釈迦様がひと言も言い返さないので

男はなんだか虚しくなって

気が抜けてしまったのです。



その様子を見て、

お釈迦様は静かに

その男にたずねました。


「もしあなたが

相手に贈り物をしようとして、

その相手が受け取らなかったとき、

その贈り物は一体誰のものだろうか?」



こう聞かれた男は、

突っぱねるように言いました。


「そんなこと、言うまでもない!

相手が受け取らなかったら、

贈ろうとした者のものだろう。

分かりきったことを聞くな!」



男はそう答えてからすぐに

「あっ!」

と気づきました。




お釈迦様は

静かにこう続けられました。



「そういうことなのですよ。

 今、あなたは

 私のことをひどくののしりました。


 でも、私はそれらの ののしりを

 ひと言も受け取りませんでした。


 だから、あなたが言ったことは

 すべて、あなたが受け取ることになるんですよ」


(出典:お坊さん33秒法話

 ~人が信じられない。自分で自分を追い込んでしまう~)




このお話で、

日常の自分を

振り返ることができました。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


 そのことばの行き先は?


 相手?それとも自分?


△△△△△△△△△△△△△△△△



ちょっと一息ついて

それを考えるようになりました。



毎日、毎日

いろいろな出来事が起こります。



その出来事をどのように

捉えるかによって

人生は大きく変わります。



捉えるということは

「受け取るのか」


それとも


「受け取らないのか」という

自分自身の選択です。



「受け取る」としても

「どのように受け取るのか」で

人生は変わっていくのではと思います。




そして、

自分が発したことばや態度は

相手に届くと同時に

自分にも届くということですね、


まるでブーメランのように。



だから

相手を傷つけることばや態度は

相手だけではなく、

自分の心も知らず知らずに

傷つけてしまいます。



人と人が逢う機会は

偶然ではなく必然も多いです。



だからこそ

相手に思いやりを持ったことばで接する。


相手が喜ぶこと

相手を癒すこと

相手が元気になること

相手に勇気を届けること



すると同時に

そのまま自分にも返ってくるはずです。




あなたはことばを

どのように受け止めていますか?



そして

あなたの思いやりを

ことばにして届けていいますか?





ほんの小さな心がけ



その「小さな一歩」の行動で

あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります。



そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。



感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!


感想の送信はこちらから


それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/




☆編集後記☆


気ぜわしい12月。


そんななかで

やってしまいました!



つい先日、39度の発熱が!


幸いなことに

2日間、家で安静に過ごしたら

熱はなんとか下がりました。



とはいえ、

油断せずに体調に気をつけて

休息も十分に取りながら過ごす、

その必要性が身に沁みました。



あっという間に熱が下がったのは

その熱が知恵熱だったからかも?(笑)



イベントも多く

寒さが増す時期ですので

どうかご自愛くださいませ。



それでは

これから福岡に研修に行ってきます(^^)/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<無料ダウンロードサービス>

 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<過去のメルマガ・ブログ>


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、

これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。


◆------------------------------------------------◆


 運営者

 プレシャスパートナー 小島敦子


◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2023年12月13日 第377号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、なんだかうまくいかないとき<vol.387>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日の関東地方は 5月の陽気でした。 あまりの暑さに 電車内のエアコンは冷房になっていて ビックリしました! とはいえ、 暑かったり 寒さが戻ったり まさに三寒四温の状態です。 そして、アツイといえば 海の向こうで ホットな話題のひとつは メジャーリーグ関連のニュース。 特にドジャースに移籍した

「1番」の体験から学んだこと<vol.386>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日、配信予定でしたが 配信設定を誤ってしまい 1日遅れの配信となりました。 2月14日は バレンタインデーでしたね。 この時期のデパ地下の チョコレート売り場は 以前は購入者の列ができたり、 誘導をするなど 大変な混雑でしたが、 今年は意外と 落ち着いている感じがしました。 そして、 この時期

あなたの心に住んでいるものの正体は?<vol.385>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 2月4日の立春が過ぎ、 暦のうえでは春に入り、 春の兆しがみえ始める頃。 そんな時期ですが 関東は久しぶりの雪。 積もるほどの雪は約2年ぶりでした。 大雪警報が発せられ、 足早に帰宅する姿を多く見ました。 私も千葉で仕事を終え、 帰宅する頃は雪の量が 増え始めた時間でした。 そして 雪が降った後

bottom of page