top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

悪いアドバイスと良いアドバイス<vol.403>

おはようございます。




あなたの会社、お店のファンを増やす


ファンづくりコンサルタントの


小島敦子です。






快晴の東京の朝です。





いよいよ本格的に


暑さを感じる日がやってきました。






埼玉県の熊谷市や



群馬県の館林市など



暑い場所として


常連となっている地域の気温が


発表される時期となりました。





そして


東京の梅雨入りは


来週半ばのようですね。






暑さが苦手な私は


できる限り


快適に過ごせるように工夫します。




急に暑くなったので


暑さ対策、気をつけてくださいね!










さて



前回のメルマガは




「意味」を揃えてみると行動が変わる!




をお届けしました。






ある職場での出来事です。




上司が


「仕事をさらに効率化しよう」



そう話したときに


部下が言いました。




「効率的に仕事を進めると


さらに忙しくなる気がします」





その会話を目の当たりにした私は


あることに気がつきました。




そして


どうすれば良いかを


一緒に考えました。






一緒に考えた結果


何をしたかというと?








まだ読んでいない方


もう一度 読んでみたい方


見逃した方は


ぜひコチラをどうぞ♪









☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆






今回のテーマは



☆------------------------------------☆



悪いアドバイスと良いアドバイス



☆------------------------------------☆




つい先日の出来事です。








ある会社の会議の中で


部長と課長が


話をしていたときのことでした。





上期が間もなく終わる時期なので


7月以降の下期に何をするかを


話し合っていました。






課長A


「営業1課の目標は


 これからの6ヶ月で


 1,000万円を売り上げることです」







それに対して部長が


立て続けにいくつかの


アドバイスをしました。







部長


「それだったら3ヶ月でできる」




「それだと目標が小さすぎる」




「目標達成するためは


 〇〇を徹底的にやるほうがいい」








ちょっと


想像してみてください。








もしも、


あなたが課長の立場だとして




部長にこのようなアドバイスを


立て続けに言われたらとしたら




どんな気持ちになりますか?








きっと



やる気をそがれたり、



勝手なことを言っていると感じたり、



話をもっと聴いてほしいと思ったり。







このように


いろいろな思いが湧くかもしれません。








残念ながら


これらはいわゆる


悪いアドバイスです。








相手の思いや考えを無視して

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「それだったら3ヶ月でできる」と


アドバイスする。






本気度が足りないと決めつけて

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「それだと目標が小さすぎる」と


アドバイスする。






相手のスキルや能力を考えずに

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「目標達成するためは


 〇〇を徹底的にやるほうがいい」と


アドバイスする。






これらのアドバイスでは


相手は行動に移せないことが多いのです。








では



どのようなアドバイスが


望ましいのでしょうか?








まず前提としては





アドバイスすることへの許可を得ます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






相手の話を聴いたあとに




たとえば





「その目標を確実に達成をするための


 アドバイスしても良いですか?」




「その目標を達成するために


 気がついたことがあるのだけれど


 伝えていいですか?」







まず、


こんなふうに許可を得ると


相手は聴く耳を持つのです。




そうしたらアドバイスを始めます。








そして


アドバイスするときに


心がけることは








▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽



目的(なんのため)と


理由(なぜ)を聴く



そのうえで


相手がすぐに行動できることを伝える



△△△△△△△△△△△△△△△△△






このように聴くと



まずは相手が自分の考えを話します。






そのうえで




相手が行動できるような


最初の一歩をアドバイスすると



行動のイメージが湧くので


自分事として捉えて


取り組みやすくなります。







悪いアドバイスのように



相手の考えも聴かずに


一方的に伝えてしまうと





「それは無理だ!」



「そんなこと言われても・・・」



「そんなアドバイスを求めていない!」





こんなことを思ってしまうので、


結局はどんなにアドバイスをしても


相手が行動しないこともよくあります。







上司部下の関係だけでなくても



日常の人間関係のなかでも


アドバイスをする機会って


きっとありますよね。






そもそも


アドバイスするというのは


相手の行動の後押しをすることです。





だからこそ




相手が求めていないような


いわゆる


悪いアドバイスをするよりも





相手の考えを聴いて


許可を得たあとに





相手の行動の一歩を


後押しできるような


良いアドバイスを


心がけたいものですね。






それが双方にとって


最適なのだと思います(^^)。










いかがでしょうか。












ほんの小さな心がけ






その「小さな一歩」の行動で




あなた自身だけでなく


あなたの大切な


人間関係も変わります。





そして


あなたの魅力も伝わり、


あなたのファンがさらに増える


きっかけになりますね♪






今日も最後までお読みいただき


ありがとうございます






感想を送ってくださったら


最高にうれしいです!!




感想の送信はこちらから







それでは


また次回のメルマガで


お逢いしましょう(^^)/








☆編集後記☆



今年は富士山登頂に


チャレンジ予定です。





初の富士山登山。




いつかは登ってみたい



そう思っていたことが


ようやく現実的になってきました。






8月末頃に登る予定でいます。





それまでに


あと2つの山登りを経て


本番に臨みたいと思います。






引き続き


まずは練習の登山のためにも


体力づくりに励みます~(^^)/








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




<無料ダウンロードサービス>



 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が


  大切にしている「30のこと」






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




<過去のメルマガ・ブログ>






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




◎本メールマガジン


「ファンづくりの秘密」は、


「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、



これまでの接客経験や研修、


実生活の中で感じたこと、


体験したこと、実践したことを


具体的に表現して、


あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を


お届けします。



・「『また、あなたに逢いたい!』と


  言われる人が 大切にしている30のこと」


  をダウンロードいただいた方



・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方



・名刺交換をさせていただいた方



にお届けしています。



当該メールマガジンがご不要の場合は


最下部のURLから解除することができます。




◆------------------------------------------------◆



 運営者



 プレシャスパートナー 小島敦子





◆------------------------------------------------◆




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



《ファンづくりの秘密》メールマガジン


       2024年6月12日 第403号



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




ご感想の送信はこちらから




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

JALとANAが共同で宣言した取り組み<vol.407>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 今日は 長野県大町市から お届けしています。 昨日は 富山県の立山にいました。 星空を見るために 訪れた2つの場所。 あいにく 雨が降り、曇天の空模様だったので 星はほんの少しだけ 見えただけでした。 でも この場所で星空を どうしても見てみたい! この願望を実現するためには 来年も来るのか?

怪我をして身をもって学んだこと!<vol.406>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 7月3日の早朝。 朝から各局のテレビでは 新紙幣発行のニュースで にぎわっています。 紙幣のデザインの変更は、 今の紙幣が発行された2004年以来、 なんと20年ぶりです。 新たな紙幣は 一万円札が 「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。 五千円札は 日本で最初の女子留学生として アメリカで学

目標達成ってそういうことなんだ!<vol.405>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 曇り空の東京の朝。 関東もつい先日 ようやく 梅雨入りしました。 これからは じめじめして 蒸し暑い日が続きますね。 暑さが苦手な私は スッキリ過ごせるように ひんやりグッズを活用します(^^)/ さて 前回のメルマガは 「質問に質問で返すことは悪くない!」 をお届けしました。 ある職場での出来

Comments


bottom of page