top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

名投手「桑田真澄選手」の神対応!<vol.339>

更新日:2023年5月7日

おはようございます



あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です



3月21日は

一粒万倍日、天赦日、寅の日が重なる

2023年の中で一番良い日と言われる

最強の日でした。


その日にWBC準決勝。


日本チーム、見事に勝ちましたね。

しかも、9回裏逆転サヨナラ!


そして、サヨナラ打を放ったのが

WBCでは調子が上がらず苦しんでいた村上選手。


その素晴らしい展開はまるでドラマのようでした。

その光景に思わず涙があふれてしまいました。



そして、何より選手全員が

心からの笑顔で心底楽しんでいます。

ホント、最高のチームで、

見ているこちらも笑顔になります。



さあ、今日はいよいよ決勝。


相手は最強のアメリカ。

選手全員がメジャーリーグで活躍している

スーパースター軍団。


まさに最高のステージです!



めっちゃ応援します!

ガンバレ、日本(^^)/







さて


前回のメルマガは


「マインドフルネス」を日常的に活かしてみる


をお届けしました。



「マインドフルネス」って聞いたことありますか?



一般的には

「瞑想」とも言われいる

「マインドフルネス」



世界最大手企業のgoogleが

社員に対して

取り入れたことでも知られています。



その「マインドフルネス」を

私たちの日常で活かすための

大切な考え方があります。



その大切な考え方とは?




まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪







今回のテーマは



☆------------------------------------☆


名投手「桑田真澄選手」の神対応!


☆------------------------------------☆


WBCの快勝に

日本全国が湧きたち、

熱い声援を送っていますよね。


ということで、

今回は野球にまつわるお話をお届けします。




その出来事は2013年。

今から約10年近く前のことになります。



ある日、都内某所の

レストランで食事をしていた時のこと。



そのレストランは

2階建て戸建てのつくり。


コンパクトなつくりではありますが、

重厚感のある雰囲気の良いお店です。



いつもは

2階を利用させていただくのですが、


その日、

2階は貸し切りとのことだったので

1階でお食事をしていました。



すると、入り口から

ずいぶんと身体の大きな男性が

入店してきたと思ったら、

それがダルビッシュ選手でした。


想像以上に身体が大きく、

顔が小さかったことを覚えています。



そして、

足早に階段を上がっていきました。



「なるほど、2階は

野球選手の集まりで貸し切りなのね。

他に誰が来るのかしら?」


そんなことを漠然と思っていました。


でも、いつまで経っても

ダルビッシュ選手以外に

2階に上がる人は来店しませんでした。




そのレストランは

お化粧室が2階にあります。


私はお化粧室に行きながら

「誰がいるのかしら?」と

興味津々になっていました。



すると、2階にいたのは

ダルビッシュ選手以外にはもうひとり。



それは

あの名投手の桑田真澄さんでした。



桑田真澄さんは

メジャーリーグでも活躍後、

2008年に引退。


引退してからは数年が経っていました。



この2人で2階を貸し切り!

そして、なぜこの2人??



たくさんのクエスチョンが頭をよぎりました。



2人きりでの密会、密談。



ダルビッシュ選手が怪我をして

手術をしなけらばいけないと

言われていた時期でもありました。


桑田さんは

大リーグで活躍していたピッチャーとして

既に手術も受け、復活をした大先輩なので、

相談していたのかもと、

勝手に想像していました。





そうこうしているうちに2時間近く経過。

ダルビッシュ選手が階段を下りてきて

レストランを出ていきました。



その後、桑田さんが続くかと思いきや

いつまで経っても降りてこない。



実は私は桑田真澄さんが

PL学園でピッチャーをしていた頃から

ファンだったのです。


2階に桑田さんがいるならば

ぜひサインが欲しい!


そう思ってお化粧室に行くふりをして(笑)

2階に上がりました。



桑田さんは

おひとりで静かに座っていました。



そして、私は

緊張しながらも桑田さんに

思い切って話しかけてみました。




「プライベートのお食事のところ

大変失礼いたします。

私、PL時代から桑田さんのファンなのですが、

もし差し支えなければ

サインをいただくことはできますでしょうか・・・」



断られるかもしれない!

いや、絶対に断られるでしょう!


そんな思いがあったので、

かなり緊張していたことを覚えています。



すると桑田さんは

「もちろんいいですよ」と

笑顔で快諾してくれました。



やったー!!

こんなうれしいことはない!!



でも、私はサイン用の色紙なんて

当然持っていませんでした。



「ありがとうございます!

とってもうれしいです!

こちらにサインをいただきたいのですが・・・」



そう言いながら

私は恐る恐るある用紙を取り出しました。



私は続けて桑田さんに伝えました。


「せっかくサインをいただく紙が

このような裏紙になってしまって

本当に申し訳ありません。


でも、敢えてこの用紙の裏に

桑田さんのサインをいただきたいのです。

裏紙になってしまってすみません・・・」




桑田さんは手にした用紙を見ながら、

「裏紙なのですね。

なんの裏紙なのか聴いてもいいですか?」


(こんなふうに聴いてくれることにも

 「なんて丁寧な対応なんだろう!!」

 と感動していました)



その裏紙とは、

ある経営塾の課題をコピーした用紙でした。


その当時、

私は経営塾に通っていたのですが、

その課題がなかなか難解で、

正直困っていました。




そして

桑田さんから質問を受けました。


「なぜ、こちらの裏紙に?」




私は緊張しながらも、ゆっくり答えました。


「じつは経営塾に通っているのですが

課題が難しくて悩んでいたところでした。


でも、敢えてこの難解な課題用紙の裏に

大好きな桑田さんのサインをいただけたら、

やる気も上がって課題に取り組むことができるかも!


そう思ったんです、本当にすみません・・・」



桑田さんの神対応はここからでした。

微笑みを浮かべながら


「そうなのですね、それは大変ですね。

そういうことならば喜んでサインをしますよ。


せっかくなので、立ったままではなく、

よかったらこちらにおかけになりませんか」


(私の心の声は

 なになに、その神的な受け止め方!

 しかも寄り添い感がハンパない!)



桑田さんはそう言って立ち上がり、

桑田さんの前の席の椅子を引いてくれました。


私のドキドキはMAXの心拍数でした。


(そして心の中では、

 この席ってついさっきまで

 ダルビッシュ選手が座っていた席!

 しかも紳士な対応がステキすぎる!)



そんなことを思いながらも

お言葉に大いに甘えて(笑)着席しました。



桑田さんの斜め前に座った私は、

桑田さんから

いくつかの質問を受けました。


「興味深いので聴いてもいいですか?」

「経営塾ではどんなことを勉強されているのですか?」

「今、どんなことが気になっているのですか?」

「これからどうなることが望みですか?」



これって

まるでコンサルを受けているみたい!



私は

「桑田さんはまるでコンサルタントのようですね」

そんな会話をすると、


笑顔で

「それはありがとうございます。

お役に立てましたか?」と言ってくれました。



その神対応を受けて

私があらためて感じたこと。



それは



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


二流の人は自分の話ばかりする


一流の人は人の話をじっくり聴く


超一流の人は人に関心を持ち、

質問をしながら対話する


△△△△△△△△△△△△△△△△




そして、サインをするときに

「お名前は?」と聞かれ、


「では、私から敦子さんに言葉を送りますね」



そう言って課題用紙の裏紙に

サインをしてくださいました。



それがこちらです

(しっかり裏に文字が映っている裏紙です(笑))






一般人相手にこんな対応はできるって

本当にスゴイことだと感じました。


それは日ごろから行っていないとできないこと。

ある意味、自分にとっての当たり前のこと、

習慣になってるのだと想像しました。




今回は野球に湧きたっているので、

野球にまつわる思い出をお話をしてみました。



そして

超一流の人の振る舞いを心がけていく!

まずは小さな一歩から始めてみよう!


そう感じた朝です。



さあ、間もなく決勝戦のプレイボール。


ガンバレ、日本!(^^)/





ほんの小さな心がけ





その「小さな一歩」の行動で



あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります




そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます




感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから





それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/







☆編集後記☆



桑田さんが以前、

好きなことばは「試練」と言っていました。


「試練という文字は、

大好きな試合と練習のこと。

だから試練は乗り越えられる」


そんなことばも思い出しました。



そして今回のWBCでは

心が奮い立つ数々の感動の場面。



WBCからも

最高のチームのあり方を

学ばせていただきました(^^♪


しばらく野球の話題で持ちきりですね!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<無料ダウンロードサービス>


 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<過去のメルマガ・ブログ>




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、


これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。



◆------------------------------------------------◆

 運営者


 プレシャスパートナー 小島敦子


◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2023年3月22日 第339号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

悪いアドバイスと良いアドバイス<vol.403>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 快晴の東京の朝です。 いよいよ本格的に 暑さを感じる日がやってきました。 埼玉県の熊谷市や 群馬県の館林市など 暑い場所として 常連となっている地域の気温が 発表される時期となりました。 そして 東京の梅雨入りは 来週半ばのようですね。 暑さが苦手な私は できる限り 快適に過ごせるように工夫しま

「意味」を揃えてみると行動が変わる!<vol.402>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 今朝の東京は快晴です! うれしい~(^^)/ 最近はお天気が不安定で 急に風が吹いたり ゲリラ豪雨に見舞われたり。 久しぶりに朝から見える青空は なんだかホッとして気持ちがいいです(^^)/ 梅雨入りはまだ先のようですが 今年は気温が低めなので 暑さが苦手な私にとっては 過ごしやすい毎日です~

言い訳の多い部下への対応は?<vol.401>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 前回はメルマガ配信400号でした。 お祝いのメッセージ ありがとうございます(^^)/ これからもお付き合いのほど どうぞよろしくお願いいたします! そのお祝い記念 ということではありませんが(笑) 今回は韓国の済州島から お届けしています。 せっかくの機会なので ホテルでゆっくり 過ごしたいと

Comentarios


bottom of page