top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

何階から見ていますか?<vol.383>

おはようございます。


あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です。



早いもので1月も下旬になりました。


寒さが増す中、

いかがお過ごしですか。



先日、仲の良いメンバーで

今年の夏の過ごし方について

話が盛り上がりました。



気が早いですが

あっという間に時間が過ぎるので、

みんなでワクワクする計画を立てて

それを楽しみのひとつとして

過ごすのが良いと感じました(^^)/




そして、

みんなで目指す目標を持つことって

大切だなと思いました。





さて

前回のメルマガは

「大切にしている考え方は?」

をお届けしました。




あなたが

大切にしている考え方は

どのようなことがありますか?



仏教の教えのひとつに

『懸情流水 受恩刻石』

ということばがあります。



このことばに込められた深い意味。

私たちが日々過ごす中で

忘れがちなことかもしれません。



そのことばの意味とは?




まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今回のテーマは


☆------------------------------------☆


何階から見ていますか?


☆------------------------------------☆


つい先日の出来事です。


私のクライアント先で

こんなことがありました。



新年になったので、

社長から社員の皆さんに

今年の進む道について

2024年を語る場がありました。



テーマは

「2024年のビジョン」について。



そこで社長が話しました。


ただし、

2024年のビジョンについては

ここで初めて話すことではなく、


今までも

中期経営計画や将来のビジョンなどは

社長から何度も発信をしていました。



部長会をはじめ

様々な会議や面談等でも

テーマとして触れていました。



ところが、

社長の話が終わった後に

社員の間でこのようなやり取りがあったのです。




部長

「社長が話したことは

 まだよくわからないけれど、

 2024年の目標を達成するために

 うちの部はプランA、B、Cの

 3つをメインにやっていこう」



課長1

「社長ってそんなことを

 考えていたんですね」


課長2

「そもそもプランCは必要ですか?

 なぜそのプランなのか、

 よくわかりません」



社員

「社長の考えを初めて聞きました」


「正直なところ理解できていないです。

 でも、社長が決めたことなので

 やらないといけないんですよね」




各自の言い分を聞いたときに

私が感じたことは



「結局、社長の思いは

 現場にはまったく伝わっていない」


ということです。




こういうことって

きっと

日常でもありますよね。




こちらが考えをもって

その思いをどんなに熱く伝えても、

相手には自分の思い通りには

伝わらないこと。




では、

なぜこのようなことが

よく起こるのでしょうか。




それは




▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


 それぞれがいる場所の


 階数が違うから


△△△△△△△△△△△△△△△△



ようするに


話す側の見える景色と

聴く側の見える景色が違うから

ということです。



今回のケースの場合、


社長が2024年のビジョンを

どんなに熱く語ったとしても


社長から見えている景色は

社員とは違う景色であることが前提です。




当たり前のことですが、


社長には知識・知恵・経験・人間力など

様々な見識があります。



今までの経験や考えに照らし合わせて

目の前のことだけでなく

遠い先々まで見るようにしています。



社長のいる場所は

高層ビルにたとえるならば

最上階の一番見晴らしがよく

360度を見渡せる場所です。



仮に社長が高層ビルの

50階にいるとしたら


他の社員はというと


1年目の社員は1階


5年目の社員は5階


10年目の課長は10階


20年目の部長は20階




となると


社長が50階から見える景色と

他の社員が

それぞれの階数から見える景色は

大きく異なることが想像できます。



しかし社長は

自分の見える景色を前提に

社員に伝えるので、

そこには当然ギャップが生じます。



そして

このような社長は言います。



「なぜ言ったことが伝わらないのか?」


「なぜ社員は行動しないのか?」


「なぜ危機感を持たないのか?」




でも、

それは仕方ないことなんです。




なぜならば


社長と社員は立場が違う、


いる階が違うから見える景色が違う、


だから

社員には社長が見えるその景色は

見えていないんです。




だからこそ、


伝える側の社長や上司が

気をつけなければいけないのだと。



それぞれの立場で

見える景色の違いを意識して、


相手に「伝える」だけでなく、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

相手に「伝わる」ように

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

伝えることが大切なのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そして、

「見えない」と言うばかりではなく


ときには相手の階に行って

そこから見える景色を眺めてみる。



これは

社長や上司に限ったことではなく、

部下が上司の階に行ってみるのも

必要ではないでしょうか。



ところで

あなたは

何階の景色が見えますか?



コミュニケーションを図るときには

まずはお互いの階数の違いを

意識してみませんか。



そして

他の人の階に行って

その景色をあなたの目で

見てみませんか(^^)/





ほんの小さな心がけ



その「小さな一歩」の行動で


あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります。



そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪




今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます


感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから



それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/




☆編集後記☆


つい先日、

大好きな仲間たちが

新年&私のお誕生日を祝う会を

開いてくれました。



食事をしながら

気の置けない仲間たちと

自分の今年を表す

漢字一文字について

語り合いました。



各自が語ったその漢字には

自分のあり方、生き方が

込められていると思いました。



普段、何気なく一緒にいる仲間。


自分の1年、

これからの生き方などを

じっくり聴く・話す中で

あらためて仲間の大切さを

実感できたひとときでした。



未来を語り合える仲間も素晴らしさ、

一緒に過ごしてくれる仲間たち、


決して当たり前ではないからこそ、

感謝の想いでいっぱいになった

時間となりました。



1年後には

各自の漢字一文字についての

振り返りをしてみたいと思います(^^)/




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<無料ダウンロードサービス>

 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<過去のメルマガ・ブログ>



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、

これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。


◆------------------------------------------------◆

 運営者

 プレシャスパートナー 小島敦子

◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2024年1月24日 第383号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ご感想の送信はこちらから


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、なんだかうまくいかないとき<vol.387>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日の関東地方は 5月の陽気でした。 あまりの暑さに 電車内のエアコンは冷房になっていて ビックリしました! とはいえ、 暑かったり 寒さが戻ったり まさに三寒四温の状態です。 そして、アツイといえば 海の向こうで ホットな話題のひとつは メジャーリーグ関連のニュース。 特にドジャースに移籍した

「1番」の体験から学んだこと<vol.386>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日、配信予定でしたが 配信設定を誤ってしまい 1日遅れの配信となりました。 2月14日は バレンタインデーでしたね。 この時期のデパ地下の チョコレート売り場は 以前は購入者の列ができたり、 誘導をするなど 大変な混雑でしたが、 今年は意外と 落ち着いている感じがしました。 そして、 この時期

あなたの心に住んでいるものの正体は?<vol.385>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 2月4日の立春が過ぎ、 暦のうえでは春に入り、 春の兆しがみえ始める頃。 そんな時期ですが 関東は久しぶりの雪。 積もるほどの雪は約2年ぶりでした。 大雪警報が発せられ、 足早に帰宅する姿を多く見ました。 私も千葉で仕事を終え、 帰宅する頃は雪の量が 増え始めた時間でした。 そして 雪が降った後

bottom of page