top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

ある女性から学んだ、私が反省した出来事<vol.344>

おはようございます



あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です



間もなくゴールデンウイークが始まりますね。


最近は寒暖差が激しく

寒さを感じる日もあります。



ゴールデンウイークには

気温も徐々に平年並みに

戻るようですね。


ところで

もう予定は決まっていますか?



私はゴルフに行ったり、

友人と逢ったり、

都内でゆっくり過ごす時間にする予定です。







さて


前回のメルマガは


見落としがちな「成果を上げる」ための最初の一歩


をお届けしました。



仕事をしていくうえでは

当然ですが成果を求められます。



しかし、

成果を求められることで


そのプレッシャーに追われて、

職場はギスギスした感じが充満して

組織にいる人たちは疲弊していきます・・・



そんな状態で

成果を上げることって

本当にできるのでしょうか。


じつは、

成果を上げるためには

一番最初にすることがあります。


見落としがちですが

一番最初にすることとは?





まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪






今回のテーマは



☆------------------------------------☆


ある女性から学んだ、私が反省した出来事


☆------------------------------------☆



今回は私が体験した

ある出来事についてお届けします。



先に言っておきます。



それは私自身が

とても反省をした出来事でした。



その出来事について、

少しお付き合いください。





つい先日のこと。



家の近くの神社に

お参りに行きました。



その神社は

パワースポットとしても有名で

遠方から参拝に来る人も多いようです。




一礼をして鳥居をくぐり、

参道の端を歩きました。


そして

手水舎で身を清めて

いよいよ拝殿へ。




すでに先頭には

参拝している女性がいました。


次には男性が並んでいました。


私はその次だったので

先頭から3番目に並び、

参拝の順番を待ちました。


私の後ろには

1人の男性が並んでいました。




時刻は朝の10時。


お天気が良く、青空が広がり

境内の木々の緑が艶やかだなぁ

と、その景色を眺めていました。




ん?

それにしても先頭の女性、

ずいぶん長い参拝だなぁ・・・




一向に終わる気配もなく、

まだ参拝を継続中。




結局、ひとりで5分近く

参拝していたので、

私の後ろには10人以上の

参拝待ちの人が並ぶことになっていました。




待っている間の私の心の声は



「ちょっとちょっと!

いくらなんでも長すぎでしょ・・・」


「公共の場だし、みんなも待っているし!」


「それぞれが時間を使って

参拝に来ているのだから、

もう少し、周りに気を使ってほしい・・・」


「せめて振り向いて!

この状況に気がついて!」



私は心の中で

そんなことを思っていました。




結局、待っている人たちは

誰一人その女性に何かを言うこともなく、

黙ったまま待っていたのでした。




ようやく

その女性は参拝が終わり、

後ろを振り向いたときに

待っている人の人数を見て

驚きの表情を表していました。




女性は参拝後に

数段ある階段をゆっくり降りたあと、


待っている人たちに

「すみません」と言いながら、

その横を会釈をして歩いていきました。




私は参拝のあとに予定があったので、

心の中は正直なところ穏やかではなく、



「いやぁ、ホント長かった・・・」


「もっと早くに後ろの様子を察して欲しかった」


「もう少し早く到着していたら、

 待つことはなかったなぁ」


「誰かが声をかけたり、

 クレームを言ってもおかしくなかったのに

 無言で待っていたとはスゴイなぁ」



そんなことを思いました。





そして私の参拝の順番が済み、

参道を戻っていきました。



すると

先ほどの女性が鳥居の前にいたのです。



そこを通る参拝者を待っていて

一人ひとりに向かって

深々とお辞儀をして、

お詫びのことばを伝えていました。



「先ほどはお待たせしてしまい

大変申し訳ございませんでした。


あれほどの列ができていることに気づかず、

貴重なお時間を不意にしてしまい、

本当に申し訳ございません。」




まさかそこで女性が待っているとは

想像すらしていませんでした。



私は女性から、そのことば受けて

恐縮しながらも


「いえいえ、

 かえってご丁寧にありがとうございます。」


「せっかくの機会ですから、

 参拝のときに思いを伝えられてよかったですね」



それまでは不満を持っていましたが、

その女性のあまりにも真摯な態度に

思わずそのようなことばを発しました。




そう言いながら、

参拝の待ち時間に思ったことを

恥ずかしいと思いました。



待っている間、

自分のことばかりを考えていたからです。



そして、反省をしました・・・




待っているときに

心の中でいろいろ不満を言ってしまったこと。


その女性に対して

心のどこかで気が利かない人だと

思い込んでしまっていたこと。




すべて、自分の思い込み、

私が勝手に想像したことで、

自分を不快な気持ちにしていたこと・・・





そして、その女性が

一人ひとりを待ってお詫びを伝えること、



何の関係性もない人たちに

そこまでするとのは、

なかなかできることではない。



そんなことを思い巡らせ

反省しながら

自分の身を正す気持ちになりました。





そして、その女性について

あらためて考えてみました。




自分のことに没頭するあまり

周りが見えなくなってしまう


その一方で


いさぎよく自分の非を認めて

自責の念を持つこと


そして、

自分にできることは何かを追求し

徹底的に人に向き合うこと


それゆえに

見ず知らずの通りすがりの人にさえ

お詫びをすることをいとわない姿勢



そのようなことをその女性から

学ぶことができた機会となりました。






人には誰しも

「強み」と「弱み」があります。




▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


【強み】とは、特段の意識なしに

当たり前、普通にできてしまうこと


【弱み】とは、敢えて意識をして、

注力して心がけないとできないこと


△△△△△△△△△△△△△△△△




その女性にとって

待っていた人に対してお詫びをすることは、



自分の「強み」を活かしたことなのか?



それとも

自分の「弱み」を感じたからこそ

敢えてしたことなのか?



その事実は

ご本人に確認していないのでわかりません。




いずれにしても、

今回の参拝の場面で

あらためて私自身を振りかえる、


そんな機会になったことは事実です。




ところで最近、あなたは

人の発言や行動、行為から

何かを知ることや自分を振り返る

きっかけになったことはありますか?




私自身は

日ごろの自分の振る舞い、

考え方を客観的に見る、



そして

自分の「強み」と「弱み」を

あらためて考える


そんなきっかけになった出来事でした。







ほんの小さな心がけ





その「小さな一歩」の行動で



あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります




そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます




感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから





それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/







☆編集後記☆



ゴールデンウイークは

最大9連休の人もいるようですね。



始まる前は長いと思っていても

始まるとあっという間に過ぎるのが休日!



やりたいことがいろいろあるので、

ちゃんと予定を立てて

充実した時間にしようと思っています。



とはいえ、

思っているだけで終わらないように

しっかり計画を立てて過ごします!(宣言!(^^)/)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<無料ダウンロードサービス>


 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<過去のメルマガ・ブログ>




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、


これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。



◆------------------------------------------------◆

 運営者


 プレシャスパートナー 小島敦子


◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2023年4月20日 第344号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

悪いアドバイスと良いアドバイス<vol.403>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 快晴の東京の朝です。 いよいよ本格的に 暑さを感じる日がやってきました。 埼玉県の熊谷市や 群馬県の館林市など 暑い場所として 常連となっている地域の気温が 発表される時期となりました。 そして 東京の梅雨入りは 来週半ばのようですね。 暑さが苦手な私は できる限り 快適に過ごせるように工夫しま

「意味」を揃えてみると行動が変わる!<vol.402>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 今朝の東京は快晴です! うれしい~(^^)/ 最近はお天気が不安定で 急に風が吹いたり ゲリラ豪雨に見舞われたり。 久しぶりに朝から見える青空は なんだかホッとして気持ちがいいです(^^)/ 梅雨入りはまだ先のようですが 今年は気温が低めなので 暑さが苦手な私にとっては 過ごしやすい毎日です~

言い訳の多い部下への対応は?<vol.401>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 前回はメルマガ配信400号でした。 お祝いのメッセージ ありがとうございます(^^)/ これからもお付き合いのほど どうぞよろしくお願いいたします! そのお祝い記念 ということではありませんが(笑) 今回は韓国の済州島から お届けしています。 せっかくの機会なので ホテルでゆっくり 過ごしたいと

Comments


bottom of page