top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

あなたは「決意」するだけ?<vol.391>

更新日:4月3日

おはようございます。




あなたの会社、お店のファンを増やす


ファンづくりコンサルタントの


小島敦子です。





今日は春分の日。



休日をいかがお過ごしですか?







休日明けに読んでくださっている方は


いかがお過ごしだったでしょうか?(^^)







今年は暖かいので


桜の開花も早いようですね。





近所でも桜がちらほら


咲き始めました。





これからの時期は


散歩道のお花見が


楽しみです(^^)/












さて



前回のメルマガは




「あなたの伝えたこと、


本当に伝わっていますか?」



をお届けしました。






「伝えたことが伝わっていない」





これは



私たちの身の回りでは


本当によく起きる出来事です。






「伝える」ことと


「伝わる」ことは違う。




そんなことを確認するために


ある実験をしました。





そして



その実験から


わかったこととは?









まだ読んでいない方


もう一度 読んでみたい方


見逃した方は


ぜひコチラをどうぞ♪










☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆






今回のテーマは



☆------------------------------------☆



あなたは「決意」するだけ?



☆------------------------------------☆






もうすぐ新年度の始まりですね。






新年になったとき



新年度を迎えるとき



あらたな気持ちで何かをスタートするとき







そのようなときに


私たちは




「〇〇をする!」



「〇〇をやってみよう!」



「目標は○○すること!」





このように



「決意」することってありますよね?








そのときは


「〇〇する!」と意を決めて


「決意」したのに




じつは まだ行動していない・・・





そんなことって、


きっとありますよね?







今回は


そんな「決意」にまつわる


物語をお届けします。





その物語とは


「5羽のカモメ」です。






どんなことを感じるか、


ぜひこの物語を読んでみてください。








**********************





「5羽のカモメ」





5羽のカモメが


防波堤にとまっている。





そのうちの1羽が


飛び立つことを「決意」した。






「では、残っているのは何羽だと思う?」





「4羽です」









「いや、そうじゃない。




じつは5羽なんだよ。




いいかい?




誤解されがちだが、



『決意』そのものには


何の力もないんだ。







そのカモメは


飛び立つことを『決意』したが、




翼を広げて空を舞うことはなく、


結局は防波堤にとまったまま。






残りのカモメと


どこも違わないんだ。







人間だって同じだよ。





何かをしようと「決意」した人と



そんなこと考えてもいない人とでは



じつは何の違いもないんだ。







ところが人は、



他人のことは


『行動』で判断するのに、



自分のことは


『決意』で判断することがよくある。





しかし


『行動』を伴わない『決意』は




期待してくれている人に対する


裏切りでしかない。






※引用:「希望をはこぶ人」


アンディ・アンドルーズ 著


弓場 隆 訳


(表現は一部アレンジしています)





**********************










この「5羽のカモメ」のお話は


研修や講演のときに


よくお伝えするお話の1つです。






▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽




他人のことは


『行動』で判断するのに、



自分のことは


『決意』で判断することがよくある。




△△△△△△△△△△△△△△△△






研修を受けたあと、



講演を聴いたあと、



人から良い話を聴いたあと、



本を読んで刺激を受けたあと、





「これはすぐにやってみよう!」



「明日から行動してみよう!」



「早速、使ってみよう!」





と、「決意」することは多いのです。






ところが


「決意」はしたものの




残念ながら


行動できていないことが多いのです・・・







じつは毎回、


「5羽のカモメ」の話をするたびに


私自身へ言っている感じがしています。






ある意味、


自分の『行動』を振り返る


戒めにもなっています。








他の人を『行動』で判断する前に


まずは自分の『行動』を


振り返ってみませんか。






ところで最近、何かを



「決意」したことってありますか?





もし、『決意』したけれど


まだできていないのであれば、




そう気がついた時が


スタートするには


ちょうどいいタイミングです(^^)





そう!


今からスタートすればいいんです。





まずは小さな一歩、




スモールステップ


ベイビーステップ





そこから


少しずつ始めてみませんか。









ほんの小さな心がけ






その「小さな一歩」の行動で




あなた自身だけでなく


あなたの大切な


人間関係も変わります。





そして


あなたの魅力も伝わり、


あなたのファンがさらに増える


きっかけになりますね♪






今日も最後までお読みいただき


ありがとうございます






感想を送ってくださったら


最高にうれしいです!!




感想の送信はこちらから







それでは


また次回のメルマガで


お逢いしましょう(^^)/








☆編集後記☆




「野良桜」って


聞いたことありますか?





私は最近、


はじめて聞いたことばでした。





街中を歩いていると、



ふいに1本や数本だけ


立派な桜に出会うことって


ありませんか?






一般のお宅であったり


神社やお寺、


道路脇、水路沿いなど。





あるいは



なぜこんなところに??



というものもあります。






そのように


「花見の名所ではないところに咲く桜」が


「野良桜」と命名されたそうです。






あなたの身近にも


「野良桜」はありますか?




「野良桜」を


探してみるのも


楽しそうですね(^^♪








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




<無料ダウンロードサービス>



 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が


  大切にしている「30のこと」






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




<過去のメルマガ・ブログ>






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




◎本メールマガジン


「ファンづくりの秘密」は、


「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、



これまでの接客経験や研修、


実生活の中で感じたこと、


体験したこと、実践したことを


具体的に表現して、


あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を


お届けします。



・「『また、あなたに逢いたい!』と


  言われる人が 大切にしている30のこと」


  をダウンロードいただいた方



・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方



・名刺交換をさせていただいた方



にお届けしています。



当該メールマガジンがご不要の場合は


最下部のURLから解除することができます。




◆------------------------------------------------◆



 運営者



 プレシャスパートナー 小島敦子





◆------------------------------------------------◆




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



《ファンづくりの秘密》メールマガジン


       2024年3月20日 第391号



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




ご感想の送信はこちらから


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仕事が遅い部下に上司がすることは?<vol.408>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 梅雨のため、 雨が降る日が多くなっていますね。 雨の合い間を縫うようにして つい先日は 「恐山」に行ってきました。 「恐山」は、 青森県の下北半島の 中央部に位置しています。 そして 「恐山」は 日本三大霊場の1つです。 ちなみに他の2つは 比叡山(滋賀県)と 高野山(和歌山県)です。 「恐山」

JALとANAが共同で宣言した取り組み<vol.407>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 今日は 長野県大町市から お届けしています。 昨日は 富山県の立山にいました。 星空を見るために 訪れた2つの場所。 あいにく 雨が降り、曇天の空模様だったので 星はほんの少しだけ 見えただけでした。 でも この場所で星空を どうしても見てみたい! この願望を実現するためには 来年も来るのか?

怪我をして身をもって学んだこと!<vol.406>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 7月3日の早朝。 朝から各局のテレビでは 新紙幣発行のニュースで にぎわっています。 紙幣のデザインの変更は、 今の紙幣が発行された2004年以来、 なんと20年ぶりです。 新たな紙幣は 一万円札が 「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。 五千円札は 日本で最初の女子留学生として アメリカで学

Comments


bottom of page