検索
  • 小島 敦子

これってなんて読むの?<vol.171>


明けましておめでとうございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です いよいよ2020年 初日の出 見ることはできましたか? 東京の初日の出は 6時50分でした あいにく少し雲がかかっていたので クッキリではありませんが 雲の合い間から日の光を受けました さて 気持ち新たにスタートした新年 新しいもの 新しいことって ワクワクして 新鮮な気持ちになりますよね(^^)/ あなたは どんな年末をお過ごしでしたか 大晦日が誕生日の私は この日が1年の終わりであり そして1年のスタートの気持ちで 過ごしています♪ なので一足先に 大晦日から新年をスタートしています! その新年をスタートする前に 毎年恒例にしていることが 『初詣』ならぬ 『ラス詣』♪ 『ラス詣』の意味と状況は 編集後記に書きましたので ぜひご覧ください! さて 前回のメルマガは 「2019年メルマガを振り返る」  ~ゆく年くる年バージョン~ を お届けしました 2019年のなかで 感想のコメントや アクセス数が多かった ベスト5をご紹介しました 自分自身を知ることができた 選ぶ言葉や会話が変わった 職場で実践してみた 人間関係が良好になった そのような感想を いただくことが多かったです まだ読んでいない もう一度 読んでみたい 見逃した方は ぜひコチラをどうぞ♪ https://mail.omc9.com/l/02uQWW/2H1Madeo/ ◆前回のメルマガの感想の  一部をご紹介します♪ *************** はじめさん 毎週、読んだその時には 「うん、確かに!」 「早速、使ってみよう!」と思っていても やはり時間が経つと忘れていることが 多かったことに気がつきました。 読み直してみて 気持ちが引き締まりました! 2020年も楽しみにしています(^^) *************** REIKOさん ベスト5、いいですね! 私が好きな内容も入っていました(^^♪ メルマガのお話は 会社の朝礼やミーティングのネタに 使わせていただくことが多かったです。 読みながら 自分の職場やスタッフだったら どうするかなどを考える機会に なっているのでありがたいです。 これからも よろしくお願いいたします。 *************** はじめさん REIKOさん ステキな感想を ありがとうございます(^^♪ 振り返って気づくことって ありますよね! そこからまた一歩が始まる 2020年も楽しみですね お二人の感想に エネルギーをいただきました ありがとうございます(^^)! さて 2020年最初のテーマは ☆------------------------------------☆ これってなんて読むの? ☆------------------------------------☆ を お届けします♪ 今回はクイズ形式です 2020年の幕開け! そして 令和になって初めての1月1日 あなたもきっと 気持ち新たにスタートしよう! 今年こそは〇〇をしよう! 2020年は〇〇に挑戦しよう! そんな願いや望みって きっとありますよね(^^) 新しく始まる年だからこそ 「今年が良い1年でありますように」 そんな願いや「希望」を込めた ご挨拶が交わされることと思います ちなみに 「希望」を使う表現としては 未来に「希望」を持つ 「希望」に満ちている 「希望」を叶えたい そんな使い方がありますよね 力強い想いや 未来を連想させる「希望」 まさに新年にピッタリなので 今回は「希望」にまつわる 内容についてお届けします ということで お知らせしたとおり クイズです(^^♪ クイズは全部で3問あります ぜひお付き合いください! まずは1問目です♪ 「希望」のことばに使われている 「希」の漢字 さて この漢字一文字だと 何と読みますか? いかがでしょうか? 答えは 「まれ」 「めったにない  少ない、珍しい」 ことを意味します 希少価値 希有(けう)な存在 そんな使い方がされています 続いて 2問目です♪ 「希む」 この漢字は 何と読みますか? いかがでしょうか? 答えは 「のぞむ」 人名でも見かける読み方です 佐々木希さんもこの漢字ですね 元々は「希(キ)」の音に 由来するそうです 「キ」の音をもつ漢字には 「幾」や「冀」があります これらが 「願う」という意味をもつことから 同じ読みのつながりで「希」も 「願う=のぞむ」を 表現するようになったとのこと では最後に 3問目の問題です♪ 「希う」 この漢字は 何と読みますか? いかがでしょうか? この答えは 「こいねがう」 「強く願い望む  切に望む」 ことを意味します わたし個人的な想いですが 「こいねがう」の響きが とても好きなんです ということで 2020年があなたにとって ますます輝く良き1年に なることを希っています(^^)/ どうぞステキな 新年をお過ごしください そして2020年も どうぞよろしくお願いいたします ほんの少しの心がけ 今年は何をしてみますか? そして まずは、あなたから さっそく始めてみませんか♪ 思っているだけでは変わらない だからこそ「一歩」を踏み出してみる その一歩の「行動」で あなた自身だけでなく あなたの大切な 人間関係も変わります そして あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね♪ 今日も最後までお読みいただき ありがとうございます それではまた次回のメルマガで お逢いしましょう! ☆編集後記☆ 『ラス詣』とは 1年の最後の12月31日に 1年のお礼の報告をするお参り お参り先は 日本一の参拝者数を 集める神社として知られている 明治神宮です 感謝の想いを込めて 参拝してきました(^^)/ 12月31日なので さすがの明治神宮も 人は少ないです ですが年々 外国人の方が増えています 外国の方は 初詣の文化がないので 神社の雰囲気を興味深く 味わっているようでした 日本の文化を 味わうお正月は あらためていいなぁと 実感しています! ということで これからおせち料理をいただきます(^^)/ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」 https://mail.omc9.com/l/02uQWW/lk1PA6zb/ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ> https://mail.omc9.com/l/02uQWW/bN1MEywI/ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆  運営者  プレシャスパートナー 小島敦子 https://mail.omc9.com/l/02uQWW/MliH49Xa/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2020年1月1日 第171号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ご感想の送信はこちらから  https://mail.omc9.com/l/02uQWW/LexwwTFW/


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

あなたの心の中に住んでいるもの<vol.213>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 今年の10月は 雨模様の天気が多いですね そのなかでも ようやく秋晴れの青空を 仰げる日が増えつつあります キレイな朝焼けを見ると 得した気持ちになるのは 私だけでしょうか?(^^♪ これからさらに秋が深くなり 景色もいっそう美しくなりますね そして 食べ物も美味しくなります(笑) 2021年までは

コミュニケーションの達人がしていること<vol.212>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 今回は 厳島(いつくしま)神社で有名な 広島県の宮島からお届けしています Go To Travelの キャンペーンを利用して 家族旅行中です♪ 宮島以外にも 山口県岩国市の錦帯橋 同じく山口県秋吉台にある 日本最大のカルスト台地 そして 広島県の三段峡 などなど 紅葉の時期にはまだ早いですが 素敵な

「優先順位」のつけ方、できていますか?<vol.211>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 秋空のキレイな毎日 朝の空気が気持ちいいです 10月1日から 東京もGo To Travelの対象となり 公共交通機関や各店舗 街中の施設の利用など 人の動きがだいぶ出ているように感じます その一方で 台風14号が接近していて 今後の進路が心配です 昨年の今頃は台風の影響を 大きく受けたことを思い出

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子