検索
  • 小島 敦子

久しぶりの再会でスマートな対応とは?<vol.161>


おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 昨日10月22日に 「即位礼正殿の儀」が行われました 国内外2,000人の方々が参列のなか 天皇陛下が即位を宣明されました 思えば令和の初日の5月1日 この日は全国的にに雨模様 令和の初日の雨には意味がある なぜならば 「雨+令=零」 ^^^^^^^^^^^^^^^ まさにその字のごとく 「零(0、ゼロ)」からの スタートを表していることを 5/1のメルマガでお届けしました 昨日もまたしても その「零」を 象徴するかのような雨でした しかしそれも午前中だけ 午後からの即位礼の際は 晴れ間が広がった空には この日を祝福するかのように 虹がかかるお天気に! 心に残る 歴史的な1日となりました さて 前回のメルマガは 「次につながる去り際の『ひと言』」 を お届けしました 相手と別れるときに ほんのひと言を加えて 相手の心に余韻を残す そんな素敵な 去り際のひと言とは? をお届けしました(^^♪ もう一度 読んでみたい方 見逃した方は ぜひコチラをどうぞ♪ http://mail.omc9.com/l/02uQWW/fEGe6gyK/ ◆前回のメルマガの感想の  一部をご紹介します♪ *************** 裕子さん 去り際のひと一言って、 確かにその人の想いが より強く伝わってきますね。 多分、本当の気持ちというのは、 最後に言葉にされるものなのかも しれませんね。 私の場合は、 いつもその場では なかなか言えなくて、 あとから文字にして ようやく伝えられることが多いのです。 なのでタイミングを 逃してしまうこともしばしばです。 だから、これからは 去り際にきちんと言葉に出来るように、 その瞬間を大事にします! *************** 洋介さん 去り際にひと言を付け加えるだけで その相手に対して 良い印象を与えられるって とても素敵なことだと思います。 電話、ライン、メール等で 早速できることだと思うので、 明日から実行していきます。 いつも素晴らしい気づきを ありがとうございます(^ ^) *************** 裕子さん 洋介さん ステキな感想を ありがとうございます(^^♪ ちょっとしたひと言ですが 私自身も その声かけがうれしいと 思うことがよくあります 私の周りには そのような声かけを してくれる人が多くいます 身近に学べる人がいることは 本当にありがたいです(^^♪ さて 今回のテーマは ☆------------------------------------☆ 久しぶりの再会でスマートな対応とは? ☆------------------------------------☆ 突然ですが質問です 相手があなたに対して 「〇〇さん、お久しぶりです!」と 声をかけてくること こんな経験ありませんか? いかがでしょうか? このような場面の経験 きっと今まで 何度もあったことと思います では 続けて伺います あなたは その声をかけてきた 相手の名前が すぐにわかりますか? すぐにわかる場合には まったく問題ないですね! でも こんなことって ありませんか? 「うーん、顔は知ってるけど  名前を思い出せない!」 もしくは 「えっ? 誰だっけ?  そもそも  会ったことあったかな?」 いかがでしょうか? 私も実際に このようなことがあります 顔はわかるけれど 名前を思い出せない そもそも 全然覚えていない それどころか 相手はとっても 親しく話しかけてくるのですが 私としては あれっ? 初対面じゃなかったの? と思うこともあります(笑) そんなとき じつはかなり困ります 思い出せなくて 相当 焦ることもありますっ! でも いまさら名前を聞きにくい・・・ あなたも そんな経験ありませんか? じつは昨晩 私が仲良くさせてもらっている 女性4人で久しぶりに集まり 食事をしているときに このことが話題になりました そのときには 「あるある!」 「そうそう!  『ところでお名前は?』って  聞き出しにくいよね」 「前に名刺交換もしているし  今さら聞けないよね」 そうなのです そのときのメンバーは みんな何かしら そんな経験がありました このように 顔は知っているけど 相手の名前を思い出せない それって 気まずい思いをしますよね 名前がわかるのであれば 「おーっ、〇〇さん、 お久しぶりです!」 と気軽に話ができるのに もしくは 少しでも話ができれば その内容から 名前を思い出せるかもしれません でもそうそう 話ができることばかりでは ないですよね では そんなとき あなたはどうしますか? その場を上手く収めるための 正しいやり方が あるわけではありませんが いくつかの方法はありそうです まずはその方法の 一部をご紹介しますね もしあなたが 他の誰かと一緒にいたら その人を先に相手に紹介します 「ご紹介します  こちら〇〇さんです」 そうすれば相手も名乗るので そこで名前を思い出せる! もしあなたが 一人の場合には ふたたび名刺交換をする 「恐れ入ります  もう一度名刺をいただいても  よろしいでしょうか」 そう言いながら 自分から名刺を差し出してしまう または 正直に打ち明ける! 「本当に申し訳ありません!  お名前を思い出せなくて・・・」 その他には 「大変失礼ですが  お名前を  もう一度教えていただけますか?」と まず伝えます そうすると普通は 相手は名字を名乗るはずなので すかさず 「いや、名字ではなく  下の名前を教えてください」 まるで初めから名字は 知っていたかのように振る舞う そんなやり方を実際に している人もいます(笑) いずれにせよ 名前がわからないと 気まずい思いをしますよね では ちょっとイメージしてみてください あなたが 久しぶりに見かけた人がいます その人に声をかけるとしたら あなたはどのように 話しかけますか? 最初の場面のように 「〇〇さん、お久しぶりです!」 相手もあなたの名前が すぐにわかれば スムーズに話が進むでしょう でも、万が一 相手があなたの名前を 思い出せないとしたら? そうなのです 気まずい雰囲気に なるかもしれません では 久しぶりの再会で スマートな対応とは? ちなみに私の場合 久しぶりに会った人には いつも このように話しかけます 「〇〇さん、お久しぶりです!  小島 敦子です」 つまり ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽ 自分から先に フルネームで名乗る △△△△△△△△△△△△△△△△ そこまで言っても 思い出してもらえないかもしれませんが まずは とにかく自分から名乗る! しかもフルネームで!(^^) そのときに会社の名前を 一緒に言うのもいいでしょう または 会った時の場面を少しお話すると 思い出してもらえる可能性が 高くなるかもしれません 「〇〇さん、お久しぶりです  小島 敦子です  半年ぶりですね!   前回、□□の件で△△でお逢いしました」 間違っても 「〇〇さん、お久しぶりです!  覚えていますか?」 とは絶対に言いません! 「覚えていますか?」 と言われたって 覚えていないかもしれませんから しかも 相手は苦しまぎれに 「覚えていますよ~」と 仕方なく合わせざるを得ない こともあるでしょうから(笑) だから こんなふうに 相手を困らせてしまうような 聴き方はしません! でも、実際には 誰かわからない人に限って 名乗ってくれないことも あるものですよね(笑) お互いに スムーズに話を続けるため そして 良好な人間関係を続けるため ほんの少しの 気づかいや工夫があると その場の雰囲気も きっと変わりますね まずは、あなたから 始めてみませんか♪ ほんの少しの 心がけでできること その一歩の「行動」で あなた自身だけでなく あなたの大切な 人間関係も変わります そして あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね♪ 今日も最後までお読みいただき ありがとうございます それではまた次回メルマガで お逢いしましょう! ☆編集後記☆ 10月20日は 楽しみにしていた ラグビーワールドカップ 日本 対 南アフリカ戦 残念ながらベスト4には 進めなかったものの 心の奥に刻まれたものが 本当にたくさんありました 何より ベスト8に入ったことが 素晴らしいですよね(^^)/ 選手がワンチームになる その姿勢から学ぶことが 多かったと感じています 日本大会の 公式キャッチコピーのごとく 「4年に一度じゃない  一生に一度だ  - ONCE IN A LIFETIME -」 一生に一度の 歴史的な感動をありがとう! 決勝戦までの これからの試合も 引き続き応援します(^^)/ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」 http://www.precious-pt.net/download ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ> http://www.precious-pt.net/blog ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆  運営者  プレシャスパートナー 小島敦子 http://www.precious-pt.net/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2019年10月23日 第161号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご感想の送信はこちらから  http://precious-pt.net/contact

の送信はこちらから  http://precious-pt.net/contact


0回の閲覧

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子