検索
  • 小島 敦子

プレッシャーを〇〇〇に変える!<vol.135>


おはようございます。 ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 今回は イランからお届けしています えっ? イラン?? そんな声が聞こえてきそうです(笑) はい、そうです 短い旅行ですが イランに来ています(^^) 正式名称は イラン・イスラム共和国 通称 イラン 以前から 行ってみたいと思っていた 国の1つでした ペルシャ時代からの 荘厳な建物や遺跡が残る 歴史が刻まれた街並み イスラム教の戒律が 特に厳しい国としても 知られています それは 旅行者であっても同じ まず お酒は飲めません そして 女性の場合には 肌を露出する洋服はNG 髪の毛を覆うスカーフを 必ず着用します おかげですっかり スカーフを巻くことが 上手になりました ちなみに Facebookはまったく つながりません 経由地でつながったら 写真をアップします(^^♪ 2019年の春 もうすぐ ゴールデンウイークですね 暦のうえでは 初めての10連休! もう予定は決まっていますか? 今日は 「平成最後の4月24日」 このように毎回 「平成最後の〇月〇日」と 記してきたメルマガですが 今回は平成最後の配信です なんだかとても 感慨深いです 今日も素敵な1日に♪ 前回のメルマガは 『会話上手な人がしているコツ』 を お届けしました。 あなたは会話が得意ですか? 会話上手な人は ちょっとしたコツを 自然に行っています だから会話が とてもスムーズです(^^) そんな内容をお届けしました 内容を忘れてしまった方 見逃した方は コチラをどうぞ♪ https://bit.ly/2Du2iSC ◆前回のメルマガの感想の  一部をご紹介します♪ *************** みつこさん 今回も私の心がリセットできる コツを教えていただきました。 私は、会話上手ではなく、 人と話をするのが苦手です。 特に初対面の場合はなおさら。 だからすごく出不精です。 でも、1問2答を行えば、 もしかしたらスムーズな会話が できるかも!と思い 心に小さな花が咲きました(^^♪ こうやって、たくさんの気付きを いただいています。 いつもありがとうございます。 *************** ゆうこさん 今週のテーマは、 簡単なようでいて、私にとっては、 意外とハードルが高い内容です。 両方のパターンを使い分けるか、 両方とも繋げてスムーズに 会話を繋げていく、 これを自然にできるように なりたいと思います。 相手に誠実に答えて、 それから相手にも問いかける。 やはり 相手目線を持つことが大切ですね! 会話はキャッチボールに 例えられますが、 まさにその通りだと思います。 ボールを受けとめて、投げ返して、 相手と楽しくやりとりできたら素敵ですね。 今回もありがとうございました(^^) *************** みつこさん ゆうこさん 素敵な感想を ありがとうございます まずは 自分自身を振り返る 自分事として捉え さらによい状態をつくるために 努力をしている姿が 本当にカッコいいと思いました! スムーズな会話を 続けるためのコツは 相手が受け止めやすい ボールを投げること そのためにも 『1問2答』の会話は 効果的なので ぜひ活用してみてください(^^♪ さて 今回のテーマは ☆------------------------------------☆ プレッシャーを〇〇〇に変える! ☆------------------------------------☆ 突然ですが質問です あなたは 今までプレッシャーを 感じた経験はありますか? 生きている以上 きっと何度も ありますよね!(^^) 重要な仕事を任されたり 相手から高い期待をされる そんなときは うれしいと感じる反面 プレッシャーを 感じることってありますね ちなみに プレッシャーとは 『精神的、心理的な  圧迫や重圧のこと』です 適度なプレッシャーは やる気が起きたり 自信にもつながります でも そのプレッシャーが大きすぎると かえってストレスを感じたり 思考や行動が 止まってしまうこともあります じつは プレッシャーを 感じたときこそ チャンスです! チャンスというのは あなたが成長するチャンス あなたの可能性が開くチャンス あなたの魅力がさらに増すチャンス チャンスを活かすためには プレッシャーの捉え方を 変えてみるのです! どんなふうに 変えるかというと ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽ プレッシャーをプレジャーに変える △△△△△△△△△△△△△△△△ どういうことかというと プレッシャーは精神的な圧迫です だから気持ちは マイナスになりやすいのです いっぽう プレジャーは楽しさ、喜びです だから気持ちは プラスになりやすいのです(^^♪ ことばの使い方 とらえ方を変えるだけで 気持ちも変わるのです ところで あなたの周りに このような人はいませんか? 意欲の高い人 前向きな人 チャレンジ精神のある人 影響力のある人 充実している人 人生を楽しんでいる人 その人たちには 共通点があります それがまさに ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽ プレッシャーをプレジャーに変える △△△△△△△△△△△△△△△△ これをしているのです! (大切なことなので2回書きました(笑)) そして そのコツは ことばづかいにあるのです! その ことばづかいのコツとは 枕ことばに 「せっかく」を使うこと ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ たとえば せっかくの機会だから せっかく来たのだから せっかく決めたのだから せっかくそう言ってもらえたから せっかくお誘いいただいたのだから 「せっかく」という 枕ことばを使うと マイナスなことも プラスに捉えやすくなるのです これは松下幸之助さんも 言っていたひとつです 松下幸之助さんは 「せっかく病気になったんやから  病気に感謝せんとな。  素直に聞けば病気がいろいろ  教えてくれるで」 松下幸之助さんもよく使っていた 「せっかく」の枕ことば マイナスなイメージのある病気 それを 「せっかく」の枕ことばを使って プラスのこともあることを伝えています まさに物事の見方を 変えてみようということですね プレッシャーを プレジャーに変えるコツ まずはあなたから 始めてみませんか ほんの少しの心がけで 2019年は さらに変わるはず!(^^)! その一歩の「行動」で あなた自身だけでなく あなたの大切な 人間関係も変わります そして あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね♪ 今日も最後までお読みいただき ありがとうございます それではまた次回メルマガで お逢いしましょう! ☆編集後記☆ おかげさまで 4月20日をもちまして 100日連続の読書 達成しました!(^^♪ あたたかい応援 本当にありがとうございました♡ 思えば1月10日に 「速読」を習ったことが きっかけとなり スタートした「毎日の読書」 基本的には 1時間の早起きをして 朝の読書を習慣にしていました 毎朝1冊の本を読み そしてマインドマップに 共感したポイントを書く 速読なので 1冊を30分くらいで読みます そして30分でマインドマップを 書いていました 出張があるときや 朝早い仕事の時は 夜に行うこともありました でも夜に読書をするのは 眠さや疲れとの闘いがあり とっても大変でした!(笑) おかげで ボキャブラリーが増え 無意識にことばに出ることが 多くなった気がします よりいっそう 読書が楽しくなりました(^^♪ せっかく身についた 読書の習慣 引き続き やっていこうと思っています それに伴い お酒を断っていましたが まずは解禁にします!(^^) 乾杯、カンパイ、かんぱ~い!! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」 http://www.precious-pt.net/download ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ> http://www.precious-pt.net/blog ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆ ・運営者 プレシャスパートナー 小島敦子  http://www.precious-pt.net/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2019年4月24日 第135号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ご感想の送信はこちらから http://precious-pt.net/contact


0回の閲覧

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子