検索
  • 小島 敦子

誰かを助けたときこそ「ありがとう」?! <vol.127>


おはようございます ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 2月は 今日をいれてあと2日 28日しかないから 時間が過ぎるのを いっそう早く感じます そしてこの時期は いまだに学生時代の 期末試験の頃を思い出します(笑) 3月の期末試験に向けて 勉強するのですが そこで毎回思うことは 「2月が28日じゃ足りない~!」 毎回思うのであれば もっと早くから 勉強すればいいのに と、毎回思いました(笑) そんな学生時代を今では 懐かしく思い出します(笑) そしてまもなく3月 今年は暖かいので 桜の開花が早いようですね 2019年の冬 春もそこまで来ています(^^) そして今日は 「平成最後の2月27日」 今日も素敵な1日に♪ 前回のメルマガは 『本を読むために必要なことは?!』 を お届けしました。 「〇〇をやろう!」 そう思っても できないことって ありますよね 私もあります(笑) 最近、私は1日1冊 本を読んでいます 「どうやれば できるの?」 と質問を受けることが よくあるので 本を読むために 必要なことをお届けしました 内容を忘れてしまった方 見逃した方は コチラをどうぞ♪ https://bit.ly/2ICRtm4 ◆前回のメルマガの感想の  一部をご紹介します♪ *************** 洋ちゃん 「自分との約束」ってとても大切ですね。 私も毎日朝5時から読書をすると決めて 実行するようにしています! そうすると不思議ですが 目覚ましをかけなくても 起きることができるようになりました。 「思う」だけなら誰でもできますが、 「行動」することこそすべてだと思います。 これからやってみたいことや 興味があることはどんどん 実践していくようにします! いつも素晴らしい気づきを ありがとうございます。 追伸: 先週、ある会社の社長さんと お会いして話す機会がありました。 先日のメルマガで教えていただいた 「何か特別なことをされていますか?」を 使いました。 そうしたらその社長さんが 大切にされていることを お聞きすることができました(^^) *************** 裕子さん 私もそのような 会話をしているなぁと 反省しました。 思っているだけで 行動出来ていないことが いくつかあります。 しかも、出来ない理由を探したり・・・ これって恥ずかしいことですね。 自分との約束を スケジューリングをして それを必ず守るということ 覚悟や意志の強さが必要ですね。 目の前の時間を無駄にせず、 1分1秒を大事にする気持ちを 持つことから始めます。 明日死ぬかも知れないと思えば、 重い腰も上がるし、 もっと自分を大切に考えたら 約束を守れるはず! 今日は午後からコンサートに行きます。 好きなことに使う時間は 充実感を味わうためにも大切ですね(^^♪ *************** 洋ちゃん 裕子さん 素敵な感想を ありがとうございました(^^) 「決める」は 行動するための第一歩 「決める」と 意外と行動できちゃいます すると なんだか気持ちが良くなります 気持ちが良くなることが 少しずつでも増えると 毎日が楽しくなりますね♪ さて 今回のテーマは ☆------------------------------------☆ 誰かを助けたときこそ「ありがとう」?! ☆------------------------------------☆ 突然ですが質問です あなたが最近 「ありがとう」を言ったのは いつですか? ついさっき? 昨日? それとも いつ言ったか覚えてない?(笑) 誰かに感謝したときに伝える 「ありがとう」のことば 誰かに 何かをしてもらったときに 何かを言ってもらったとき その気持ちとして 伝えることが多いですよね 今回、お届けするのは 誰かを助けるときに伝える 「ありがとう」のことばです えっ?? 「ありがとう」って言うのは 助けられた側のことばでしょ! そう 思いませんでしたか? 確かに そうですよね 普通は 助けられた人が 助けた人に対して 「ありがとう」って言いますよね でも 感謝の気持ちを持つのは 助けた人にもあるのだと 私は思います それって なぜだと思いますか? 実はちょっと 意味があります どういうことかと言うと 実際にあったことを 伝えますね つい先日 山手線に乗って 移動していた時のこと 私が座っている目の前に 30代くらいの女性の方が 立っていました よく見ると その女性の方のバッグには 赤い色の「ヘルプマーク」の タグがついていました ちなみに 「ヘルプマーク」とは 援助が必要なことが 外見からはわからなくても 援助を得やすくするように 作成されたタグのことです ※「ヘルプマーク」はコチラを  ご参照ください

https://bit.ly/2AjxbZR

私はその女性の方に 「もしよかったら  座りませんか」 と言って席を譲りました すると その女性は 「ありがとうございます」 と笑顔で言ってくれて その席に座りました ここまでは きっとあることでしょう じつは 席を譲ったこのときこそ その女性を 「助けてあげる」ではなく 「助けさせてもらう」という 気持ちを持つことが大切だと 感じました 「助けさせてもらう」 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ そう思って行動すると 何かに気づく可能性が 出てくるのです 助けさせてもらう? 何かに気づく可能性? それって何? そう思いますよね(^^) もう少し 詳しくお伝えしますね 助けさせてもらったことで 何かに気づく可能性 それは その女性が言ってくれた 「ありがとう」の 感謝のことばとともに 彼女のほっとした優しい表情 肩をおろして一息ついた状態 リラックスした座り方 そのような様子が見えたのです 席を譲った私自身は 「あー、やっぱり  席を譲って良かった」 そう感じました そして 彼女の表情や状態を見て 心が温かくなった気がしました だから 私としては 「こんな温かい思いにさせてくれて  こちらこそ『ありがとう!』」 と思ったのです このように 誰かを助けたことで 味わうことができた気持ち それが 誰かを助けるときに伝える 「ありがとう」 それは 私に気付きを与えてくれて 「ありがとう」 だから 誰かに助けてもらったときだけでなく 誰かを助けるときにも 「ありがとう」の想いを持つ そうすることで 気づかなかったことにも 気づくことができて そのうえ 気持ちも温かくなりました あなたも ぜひ 誰かを助けたときの 「ありがとう」を 体感してみては いかがでしょうか(^^♪ その温かくなる気持ち 味わってみませか? ほんの少しの心がけで 2019年は さらに変わるはず!(^^)! その一歩を「行動」することで あなた自身だけでなく あなたの大切な 人間関係も変わります あなたの行動のその一歩で あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね♪ 今日も最後までお読みいただき ありがとうございます それではまた次回メルマガで お逢いしましょう! ☆編集後記☆ 今週は都内の某大学で 「就活向け コミュニケーション講座」を 実施しました これから 本格的にスタートする就職活動 10コマすべてが ほぼ満席なのは 学生たちの意欲の表れ! 前向きなエネルギーと 笑顔があふれる 充実した時間でした(^^) おかげで私もたくさんの エネルギーをチャージできました♪ 本格的に就活がスタート 応援しています! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」 http://www.precious-pt.net/download ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ> http://www.precious-pt.net/blog ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆ ・運営者 プレシャスパートナー 小島敦子 http://www.precious-pt.net/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2019年2月27日 第127号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ご感想の送信はこちらから http://precious-pt.net/contact メルマガの解除は以下のURLをクリックしてください。 https://secure.clutchbox.jp/forms/id/57ff3cba12a042c79d9b0f7eac1f09d1


0回の閲覧

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子