検索
  • 小島 敦子

あなたの物事の捉え方は?!<vol.92>


おはようございます。 ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 旅行先の ポーランド、チェコから帰国しました♪ どちらも初めて訪れた国。 歴史ある街並みが想像以上に美しく 満喫してきました。 そして明日はいよいよ サッカーワールドカップの 日本vsポーランド戦 連日、サッカー情報で沸いているので 明日の試合を楽しみにしている 人も多いですよね(^^♪ さて今日は 「平成最後の6月27日」 どんな一日になるか 楽しみですね♪ ◆前回のメルマガの感想を  いただきましたので  一部をご紹介します♪ *************** 光子さん 「心のドアノブは内側だけにある」 この言葉が心に響きました。 接客業をする立場上、 お客様と近づきたい お客様に喜んでもらいたい お客様に綺麗になってほしい この気持ちがばかりが 前に出ていたような気がします。 もう一度 自分の接客を見直す機会になりました。 *************** 裕子さん 心のドアノブは内側にしかないということに 納得しました! ついつい自分本意になりがちですが、 ボールは相手が持っているということを 常に考えて行動しないといけませんね。 相手目線、お客様目線で見ることと、 自分の扉もオープンにしておくことの 大切さを改めて教えていただきました! これからクライアント先で スタッフの顔合わせなので このことを意識して臨みます! *************** 光子さん、裕子さん 感想をありがとうございます(^^♪ 心のドアノブは内側だけにあるので 外側から無理やり 開けようとしても ドアは開きません だからこそ 相手の心のドアを 感じよく、気持ちよく ノックしたいですね。 さて、今回のテーマは ☆------------------------------------☆ あなたの物事の捉え方は?! ☆------------------------------------☆ 私たちの周りには 毎日いろいろな物事が起こります。 1つの物事でも 見る角度や考え方によって 別の捉え方ができることは よくあることです。 研修ではこのテーマで 演習をすることがよくあります。 頭ではわかっていても 別の捉え方をするための 行動ができるかどうかは 別の話ですよね。 そこで 今回は少しだけ 頭の体操の内容です(^^♪ ぜひお付き合いください! 中東の昔話です。 あるアラブの村に住む 年老いたアラブ人が、 三人の息子に遺言を残しました。 その遺言の内容は 「全財産であるラクダ17頭を 3人で分けること。 その分け方は 長男に2分の1 次男に3分の1 三男に9分の1 そうなるように分けよ」 とありました。 3人の息子はその遺言通りに 17頭のラクダを 分けようとしました。 ところが どんなに考えても いくら知恵を振り絞っても 17頭のラクダを 2分の1 3分の1 9分の1 その通りに分けることができません。 なぜなら17頭のラクダは 2でも、3でも、9でも 割り切れないからです。 もちろんラクダの身体を 刃物で切り取って 分けることもできません。 何日もその遺言について 話し合いを続けましたが 良い案は浮かびません。 兄弟たちは困り果て どのように分配するか 言い争いが始まりました。 ある日 ラクダに乗った 1人のお坊さんが その村に通りかかりました。 兄弟たちは 自分たちでは 争い事を解決できないため そのお坊さんに事情を話し 相談をしました。 お坊さんは 兄弟たちの言い争いの理由を じっくり聞きました。 そして お坊さんは兄弟たちに 「あること」を言いました。 じつは、お坊さんが言った 「あること」で この話は簡単に 解決してしまったのです。 では ちょっと想像してみてください。 そのお坊さんは 兄弟たちに いったいなんと 言ったのでしょうか?  ・  ・  ・  ・ いかがでしょうか? そのお坊さんは このように言いました。 「それならば 私のラクダを差し上げましょう。 そうすれば 分けることができるでしょう。」 なるほど お坊さんのラクダを足すと 18頭となります。 よって 長男は2分の1の9頭 次男は3分の1の6頭 三男は9分の1の2頭 言い争いは見事に丸くおさまり きちんと解決しました。 そしてお坊さんは言いました。 「よしよし、これで 問題は解決したようじゃな。 では、最後に残った1頭は、 私がもらっていこう」 そう言って 自分の乗ってきたラクダに乗って 村を去っていきました。 お坊さんも損することなく まさにメデタシメデタシ ということですね(^^) もともとは 計算が合わず 兄弟で言い争いになっていたことが 1頭のラクダを加えたことで 計算が合ってしまうお話です。 いかがでしょうか? 私たちの生活においても 似たようなことはないでしょうか? そして あなたの物事の捉え方は いかがですか? 「こうあるべきだ」 「そうに違いない」 「それしかない」 一度、思いこんでしまうと 他の考え方ができなくなったり 無用の摩擦を生じさせることも あるかもしれません。 そんな時に、 ちょっと離れて考えてみると 意外とすんなり物事が 解決したりするものです。 だからこそ ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽ 今の状態に 良い意味で疑問を持ってみる △△△△△△△△△△△△△△△△ 「他の考え方もあるはず!」 「他の見方をしてみると?」 「捉え方は無数にある!」 そんなふうに 見方を増やしてみると 1つの物事でも 見る角度や考え方によって 別の捉え方ができることは よくあることという訳です。 これって 物事に対する決めつけ 相手に対する思い込み もしも そんなことがあったときに ちょっと違う角度で見てみる 他の見方を加えてみる そうすることで あなたの行動も さらに変化していくことでしょう。 まずはあなたから 始めてみませんか(^^♪ その一歩を「行動」することで あなた自身だけでなく、 あなたの大切な 人間関係も変わりますよ(^^♪ あなたの行動のその一歩で あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね♪ 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございます。 感想を送っていただけると、 とてもうれしいです(^^)/ それではまた次回のメルマガで お逢いしましょう! ☆編集後記☆ 6月19日に たったひと言で変わる! 「ほめ言葉マーケティング」が出版されました。 http://homekotoba.jp/?page_id=112 各地の大手書店で 平積みされているほど大注目の1冊です。 AI時代に勝つ最先端の方法がわかります! 日本褒め言葉カード協会の藤咲徳朗 理事長と 岡山商科大学経営学部 田村直樹 准教授の 共著出版です。 そして 今週末は出雲でセミナー開催です。 受講者の方から 出雲大社を案内してくださると 嬉しい連絡がありました!(^^)! 短い滞在ですが セミナーも出雲大社も どちらも満喫してきます♪ ☆-------------------------------------------☆ <開催セミナーのご案内> ☆-------------------------------------------☆ セミナーの詳細は 以下のURLをご確認ください ■「褒め言葉カードベーシックセミナー」  ~AI時代に勝つのは人!   褒めることでセルフイメージがアップ!~  毎回、大好評のセミナーです。  自分自身が変わることで  人間関係がさらに良好になります(^^♪  あなたにとって、驚く発見がありますよ!  講師:小島 敦子   6月30日(土)13:30~17:30【満席】@出雲市   7月14日(土)14:00~18:00【残席1席】@品川   ※早期割引あり  http://homekotoba.jp/?page_id=2641 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」  URL:http://www.precious-pt.net/download ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ>  URL:http://www.precious-pt.net/blog ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆ ・運営者 プレシャスパートナー 小島敦子        http://www.precious-pt.net/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2018年6月27日 第92号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ご感想の送信はこちらから  http://precious-pt.net/contact メルマガの解除は以下のURLをクリックしてください。 https://secure.clutchbox.jp/forms/id/57ff3cba12a042c79d9b0f7eac1f09d1


0回の閲覧

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子