検索
  • 小島 敦子

「願いごと」を叶えるためには?


おはようございます。 ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 いよいよ11月がスタート。 じつは今、旅行の真っ最中です。 なので、このメルマガは オーストラリアの ウルル(エアーズロック)から お届けしています(^^) そして前回、お知らせした 「理想の結婚相手カードセミナ」 さっそくお問い合わせ ならびに お申し込みいただき ありがとうございます。 セミナーの内容が気になるあなた、 詳細はメルマガのいちばん最後に ご案内していますので ご覧くださいね(^^♪ さて、今回のテーマは ☆-------------------------------------------☆ 「願いごと」を叶えるためには? ☆-------------------------------------------☆ あなたは「願いごと」って ありますか? ○○したい! 〇〇が欲しい! ○○を食べたい! ○○に行きたい! ○○になりたい! 人間、欲があるのは当たり前。 もちろん 私もたくさんあります! この「願いごと」を ぜんぶ書き出しているのですが 今、350くらいあります! その「願いごと」のひとつ それは ウルル登山をすること。 ウルルは オーストラリア大陸の ほぼ中心のノーザンテリトリーにある 世界遺産になっている一枚岩。 エアーズロックの呼び名の方が 馴染みがあるかもしれないですね。 1995年に 先住民族アボリジニが もともと使用している呼び名の 「ウルル」に変更されたそうです。 そして今回はその念願の ウルルに登ってきました! ウルルは先住民にとっては聖地。 その聖地を登るには 天気、気温、風、岩の状態の 10項目にわたる条件のすべてを クリアしないといけないのです。 ラッキーなことに すべてクリアしました!(^^)! ちなみに10月は 条件がクリアできたのは たった3回だけとのこと。 かなりラッキーです! ウルルの高さは348メートル。 東京タワーより15メートル高い! 348メートル 高い、十分に高すぎる。。。 だって、じつは私 高所恐怖症なんです。。。 登り始めの30メートルに かなり急こう配の岩があり ここが「度胸試しの岩」と 言われているそうです。 要するに ここを登れない人は この先の急こう配な岩道を 登るのは無理だから そうそうに諦めてください。 まさに私にとって 「度胸試しの岩」! ホント怖かったです。 だって手すりも鎖も何もない。 「無理! 絶対に無理!」 私は思わず、ことばにしました。 たまたま 一緒に登った女子大生は 「私も無理です。。。」と 悲しい顔をして言いました。 泣きそうな顔で 「ウルルに登りたくて ここまで来たのに。。。」 そのとき、私は彼女に こんなことを聴きました。 「なぜ、 ウルルに登りたいと思ったの?」 急こう配な岩を前にして 私の気持ちは まったく穏やかではないし、 まったく余裕もなかったけれど(笑) 目の前の人が 泣きそうな顔で 「無理です」と言っている 状態を見ていたら 私、何とかして彼女には 登ってほしいと思ったのです。 私は「無理!」と言ったけど そこには引っ張られてほしくない! このときに 私は ふっとこんなことを 彼女に言い始めました。 「登頂できたら、あそこで 諦めないで良かったって思うよね。 今までに味わえなかった 達成感もきっとあるはず! 今は手すりや鎖がなくて 私も怖いけど、 30メートル先には鎖がある。 あそこまで行けば 何とか登れると思わない?」 ホントは私自身が めちゃくちゃ怖いくせに!(笑) 目の前の女子大生に 登頂できたときの 達成感や爽快感を イメージしながら 話していたら まるで私が私自身に 言っているような感じになり 私が本当に登れる気に なってきたのです! 一度は「無理!絶対に無理!」と 言ったけれど なんと私は 登ることを決意しました! その女子大生も 「私、登ってみます! やっぱり頂上の景色を見たいです!」 そのあとは一緒に登り始めました。 急こう配な岩を 鎖をつたいながら500メートル登り、 そのあと頂上までは アップダウンの激しい岩山を1㎞。 へっぴり腰状態で(笑) 途中で他の女性も合流しながら♪ 高所恐怖症の私が 念願のウルルに登頂できたのは 登頂できたときの 未来の姿をありありと イメージしたからでした!(^^)! 「がんばれ!」 そのことばだけでは 間単には行動はできない。 でも、「未来をイメージ」して そうなりたい、そうしたいと 心から感じたときには ワクワクする気持ちになり エネルギーが湧きあがって 自然と行動ができる。 まさに今回は この体験でした。 あなたは ワクワクするような あなたの 「未来をイメージ」していますか? まずは あなた自身がワクワクする 「未来をイメージ」を してみてください。 少しずつでもいいのです。 そうすると あなたの表情もことばも態度も 変わっていくことでしょう。 そしてあなたの行動の何かが きっと変わるはずです! あなたの行動のその一歩で あなたの魅力も伝わり、 あなたのファンがさらに増える きっかけになりますね(^^♪ 今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございます。 それではまた次回のメルマガでお逢いしましょう! ☆-------------------------------------------☆ <開催セミナーのご案内> ☆-------------------------------------------☆ ■「理想の結婚相手カードセミナー」  11月25日 (土)14:00~17:00 12月 9日(土)14:00~17:00 セミナーの詳細は 以下のURLをご確認ください!  URL:http://homekotoba.jp/?page_id=2859 ■近日開催予定  「魔法の聴き方」  「魔法の褒め方」  「魔法の伝え方」 日程は決まり次第、お知らせします! 興味がある、受けてみたい方は、 まずは、このメルマガにご返信ください! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <無料ダウンロードサービス>  『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が   大切にしている「30のこと」  URL:http://www.precious-pt.net/download ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ <過去のメルマガ・ブログ>  URL:http://www.precious-pt.net/blog ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ◎本メールマガジン 「ファンづくりの秘密」は、 「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、 これまでの接客経験や研修、 実生活の中で感じたこと、 体験したこと、実践したことを 具体的に表現して、 あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を お届けします。 ・「『また、あなたに逢いたい!』と   言われる人が 大切にしている30のこと」   をダウンロードいただいた方 ・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方 ・名刺交換をさせていただいた方 にお届けしています。 当該メールマガジンがご不要の場合は 最下部のURLから解除することができます。 ◆-----------------------------------------------------◆ ・運営者 プレシャスパートナー 小島敦子        http://www.precious-pt.net/ ◆-----------------------------------------------------◆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《ファンづくりの秘密》メールマガジン        2017年11月1日 第58号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ご感想の送信はこちらから  http://precious-pt.net/contact メルマガの解除は以下のURLをクリックしてください。 https://secure.clutchbox.jp/forms/id/57ff3cba12a042c79d9b0f7eac1f09d1


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コミュニケーションはズレている!<vol.264>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 10月に入っても 夏日が続いていましたが 一気に気温が落ちて すっかり秋らしくなりました 急激な温度変化で 肌寒いですね 10月7日は 関東を中心に 大きな地震が発生しました しばらくは 余震にも注意が必要ですね 前回触れた ジェームズボンド役の ダニエル・クレイグ 最後の作品となる 『007/ノー

【辛口】従業員が主体性を発揮できない理由は?<vol.263>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 10月に入ってから 気温がだいぶ高く 秋晴れの青空が続いて 気持ちがいいですね そして 趣味も楽しめる秋 私は待ちに待った 007を観に行きました 本来であれば 2020年4月に公開予定でしたが コロナの影響で 延期に次ぐ延期 ジェームズボンド役の ダニエル・クレイグ 最後の作品となる 『007/ノ

「プロフェッショナル仕事の流儀」に学ぶ!<vol.262>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です あっという間に9月末 今月は時間が過ぎるのが早かった~ そう感じている人も いるかもしれませんね その月末の時期に 私事ですが 『申し訳ございません』 『ごめんなさい』 『失礼しました』 昨日はそのようなことばの オンパレードの日でした まずひとつは 先方と約束した日時を 私が勘違いしてしまい ご迷