検索
  • 小島敦子

「目は口ほどにモノを〇〇〇〇!」


「また、あなたに逢いたい」と言われるファンづくりの専門家

「感動!おもてなし接客術」コンサルタントの小島敦子です。

前回は、「笑顔」の秘訣をお届けしました。

(↑クリックしてblogをご参照ください)

「笑顔」に大切なことは

「目元と口元」。

最高の笑顔の状態は

口角を上げ、そして「目」を通して

自分の気持ちを相手に届ける。

要は、目から感情のビームを出す!(笑)

なので、笑顔は「口元」だけでなく

「目」の表情も大切なのです。

※写真は私自身の「目」です(^-^)

 大親友のフォトグラファー本多佳子さんによる撮影です。

 URL:yoshikohonda.com/

そして今回、お届けするのは

「目は口ほどにモノを〇〇〇〇!」

「〇〇〇〇」には何が入ると思いますか?

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

答えは

「目は口ほどにモノを言わない!」です。

えーっ、そんな表現、聞いたことない!!

確かにそうですよね。

勝手につくった表現なので(笑)

確かに「目」の表情が大切ということは

お伝えしました。

でも、ちょっと考えてみてください。

「目」を見ただけで、その人の想い、

考えていることがすべて伝わってきますか?

その人が今、何を考え、何を欲していて、

何を望んでいるのか。

態度やしぐさ、表情を見れば

「ある程度」は察することはできるとは思います。

でも、あくまでも「ある程度」止まりなのです。

では何をすればよいのでしょうか。

それは簡単です。

想いを「言葉」にして

「伝える」ことです。

そんなことは当たり前!と思うかもしれません。

しかし意外と、想いを「言葉」で伝えていない

ことが多いのです。

だからこそ、まずは想いを「言葉」にしてみる。

だって「目は口ほどにモノを言わない!」

「目」の表情だけでは、

具体的な想いは伝わらないのですから。

そして、せっかく「言葉」にするのであれば

相手が喜ぶことや、思わず笑顔になることが

良いですね(^-^)

まずは相手を笑顔にするつもりで

自分の想いを「言葉」で伝えてみましょう。

目の表情だけでは足りないのです(笑)

この「言葉」の最適な選び方については

次回、お届けしますね!

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございます。

************************ 【あなたに伝えたい30のこと】 http://www.precious-pt.net/download ダウンロードサービス中(^-^) ************************


18回の閲覧

© 2016
 プレシャスパートナー
      小島敦子