top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

相手の反応があまりないときは?<vol.355>

おはようございます



あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です




関東ではここ数日

一気に猛暑日になっています。



太陽の本気さを感じます(笑)



そして、外出時には

肌に痛みを感じるほどの

日差しの強さです。



間もなく関東も梅雨明けのようですね。



熱中症には、

くれぐれもお気をつけください。







さて


前回のメルマガは


あなたの「心のコップ」はどんな状態ですか?


をお届けしました。




それは

あるセミナーでの出来事でした。



講師の話を聞いた受講者2人が

それぞれ違う反応をしました。



じつは同じ話を聴いても

気づく人と気づかない人がいます。




言い方を換えると



同じ話を聴いても

行動ができる人と

行動ができない人がいます。




その違いは何なのでしょうか?





まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪





今回のテーマは



☆------------------------------------☆


相手の反応があまりないときは?


☆------------------------------------☆


つい先日、

ある会社の部長が言いました。




部長

「部下と面談をすると、

部下の反応があまりないので

どう対応していいものなのか困っている・・・」





話をしていても

相手の反応があまりなくて困る場面。





部下と上司の関係だけでなく

こういう場面って

経験したことってありませんか?





私もその経験はあります。






でも、

相手の反応がないときに

ついやってしまうことは、






結局、上司ばかりが話してしまうこと。






話してしまう上司の言い分としては、




「待ってられない」


「間が持たない」


「こちらが話せば相手が話すかもしれない」





こういう心理はとてもよくわかります。





黙っている時間が長くなればなるほど

何となく居心地が悪くなって、

その時間を何とかしようと思って

つい話してしまうこと。






では、

そんなとき、どうすればよいでしょうか?





それは





▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽



 場面を小さく区切って


 「5W1H」で話を聴くこと



△△△△△△△△△△△△△△△△△




どういうことかというと、



場面を小さく区切る


というのは



色々なことを聞くのではなく

あるテーマに絞ることです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そのテーマを共有しながら話を進めると

お互いに話がしやすくなります。






そして


「5W1H」で話を聴くこと。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^



「5W1H」はご存知のとおり


WHEN :いつ

WHERE:どこで

WHO  :誰が

WHAT :何を

WHY  :なぜ

HOW  :どのように




なぜ「5W1H」で聴くのかと言えば


それは答えやすいからです。




このあたりまでくると

相手の反応はだいぶあるはずです。





相手が答えたら、

そのうえで

相手が感じたことや

気づいたことも聞いてみます。





たとえば


「どんなことを感じましたか?」


「気づいたことは何ですか?」


「さらにどうなると良いですか?」





事前の質問に答えているので

反応もしやすくなっていきます。






ただし、質問する側は

気をつけなければいけないことがあります。





それは質問するときや

話を聴くときの態度です。




聴いている態度としては



「ゆっくりうなずいてみる」


「相づちをうってみる」


「優しくアイコンタクトをする」


「ときにはオウム返しをする」





質問だけが次々に出てくると

それはもはや「尋問」です!!





そうなると

相手はとても窮屈に感じたり、

圧迫感さえ感じることもあるでしょう。


反応がもっと少なるかもしれません・・・





以前もお伝えしましたが

面談や話を聴く場面で、 話す割合は

相手が8割、自分は2割。

^^^^^^^^^^^^^^^



そのくらい、

聴く側が聴くに徹するということです。





いかがでしょうか。




ついつい自分が話をしてしまう、



もしも

そんな自分に気づいたとしたら

ぜひやってみてください(^^)/








ほんの小さな心がけ





その「小さな一歩」の行動で



あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります。




そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪





今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます




感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから





それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/







☆編集後記☆



少し前に

沢田研二さんの

Birthdayライブに行ってきました。


ラッキーなことにアリーナ席の

チケットをいただいたのです(^^)



75歳のジュリー。

見た目は昔とだいぶ変わりましたが

声はあのジュリーの状態。



とっても懐かしくもあり、

その声に酔いしれました。



しかもアリーナ席は、

初めの曲から観客は総立ち!



私、最後まで大丈夫~???

最後までモツかな~???と思いました笑

(結局、最後までほぼスタンディング!)



しかも20代、30代のファンが意外と多くて

そのことにビックリしました!



やはり良いものは

年代を問わず

長く愛されるのですね~(^^)/





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<無料ダウンロードサービス>


 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<過去のメルマガ・ブログ>




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、


これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。



◆------------------------------------------------◆

 運営者


 プレシャスパートナー 小島敦子


◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2023年7月12日 第355号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

JALとANAが共同で宣言した取り組み<vol.407>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 今日は 長野県大町市から お届けしています。 昨日は 富山県の立山にいました。 星空を見るために 訪れた2つの場所。 あいにく 雨が降り、曇天の空模様だったので 星はほんの少しだけ 見えただけでした。 でも この場所で星空を どうしても見てみたい! この願望を実現するためには 来年も来るのか?

怪我をして身をもって学んだこと!<vol.406>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 7月3日の早朝。 朝から各局のテレビでは 新紙幣発行のニュースで にぎわっています。 紙幣のデザインの変更は、 今の紙幣が発行された2004年以来、 なんと20年ぶりです。 新たな紙幣は 一万円札が 「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。 五千円札は 日本で最初の女子留学生として アメリカで学

目標達成ってそういうことなんだ!<vol.405>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 曇り空の東京の朝。 関東もつい先日 ようやく 梅雨入りしました。 これからは じめじめして 蒸し暑い日が続きますね。 暑さが苦手な私は スッキリ過ごせるように ひんやりグッズを活用します(^^)/ さて 前回のメルマガは 「質問に質問で返すことは悪くない!」 をお届けしました。 ある職場での出来

Comments


bottom of page