検索
  • 小島敦子

【辛口】従業員が主体性を発揮できない理由は?<vol.263>

おはようございます



あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です




10月に入ってから

気温がだいぶ高く

秋晴れの青空が続いて

気持ちがいいですね



そして

趣味も楽しめる秋



私は待ちに待った

007を観に行きました



本来であれば

2020年4月に公開予定でしたが

コロナの影響で

延期に次ぐ延期



ジェームズボンド役の

ダニエル・クレイグ

最後の作品となる

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』



ダニエル・クレイグにも

そしてストーリーにも

かなりシビレました!



ネタばれしない程度の感想は

このメルマガ最後の

編集後記に記しました♪









さて


前回のメルマガは


「プロフェッショナル仕事の流儀」に学ぶ!


を お届けしました





9月28日(火)に

NHKで放映された

【一瞬に、心を込めて

 空港グランドスタッフ・中山弓子】




ANAグランドスタッフの

中山弓子さんが活躍している場面が

クローズアップされていました


細かいところまで

気が行き届いている


彼女の素晴らしさを感じました



いっぽう

テレビでは語ってはいないけれど

中山さんが本当に大切にしているのは

ここではないかと思うことを

私なりに読み解いてみました




そのポイントは・・・






まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪


https://mail.omc9.com/l/02uQWW/IDcIZQQ5/





◆メルマガの感想の

 一部をご紹介します♪


***************



憲太郎さん



強いチームをつくるための

3つのポイントは

その通りですね!



リーダーシップ、人財育成の

いろんな方のお話や本、研修でも

何度も目にし、耳にしています。



定期的に自分の行動を点検し、

リマインドして習慣化。


当たり前にできるようになって

あらゆる場面で

実践できることが大切ですね。




***************



憲太郎さん



素敵な感想を

ありがとうございます(^^)



共感してもらえて良かったです



憲太郎さんも

数々の現場の中で

実践されてきたことと思います


強いチームづくりは

まさに「チームビルディング」!



私の仕事が

今いるメンバーが強みを発揮して

強いチームをつくる

「チームビルディング」を進めているので

熱く語りましたが

想いが届いたようで良かったです







さて

今回のテーマは



☆------------------------------------☆


【辛口】従業員が主体性を発揮できない理由は?


☆------------------------------------☆




突然ですが質問です



あなたが

飲食店を利用したときに


またこのお店に来たい!



そう思ったことって

ありますか?





きっと

ありますよね(^^)






そのような場合


お料理の味が良いことは

もちろんですよね




その他にも


安心できる価格帯


お店の清潔感


わかりやすいメニュー表示




そして何より


お店全体の良い雰囲気です




ちなみに

お店の良い雰囲気とは

内装の良さではありません




その良い雰囲気を

つくりだすのは

お店で働いている「人」です





つい先日、ある飲食店で

とても感じの良い対応を受けたました


その従業員の方に

「細かいところまで気配りされている

 ステキな接客ですね!」と

声をかけました




すると

その従業員の方は言いました



「ありがとうございます!


 じつは私

 このお店の考え方が好きなんです!


 『お客さまを料理とおもてなしで

  とびきりの笑顔にする』


 だからそのために、

 まず私自身がとびきりの笑顔で

 いるように心がけているんです(^^)


 そしてお客さまの会話を聞いて

 時々、飛び入りすることもあります」




それを聞いた私は

自然と満面の笑顔になっていました



そして


スゴイなぁ

店長の想いが従業員に伝わっているなぁ


そんなことに感心しました



さらに聞いたところ

従業員同士で話し合う時間も

持つようにしているとのこと





当たり前のことですが

従業員の接客対応が

お店の良い雰囲気をつくります



そして

従業員の様子を見れば

店長の意識や考え方

行動も想像できます




従業員が

良い対応をしているお店は



店長が日ごろから

従業員としっかり対話をして

お互いの理解に努めています





まず店長がお店に対する

理想の想いを具体的に

伝えています




どのようなお店にしたいのか

お客さまに何を提供したいのか

従業員が何をどのようにするのか




従業員が何をするかは

店長がすべてを考えるのではなく

従業員にも考えてもらいます



考えてもらうといっても

何でもかんでも従業員に

考えさせることではありません





▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽



 考える従業員を育てるためには



1.まずは目指している姿を 

  具体的に説明する


2.理解を深めるために

  意見交換をする


3.そのうえで

  何ができるかを考えてもらう



△△△△△△△△△△△△△△△






従業員の成長や主体性発揮のために

従業員自身が考えることは大切です




でも

考えてもらうためには

それなりの具体的な情報が必要です



つまり

経営者やトップが

会社が目指している

明確な姿を見せることが必須です




それが曖昧な状態であれば

どんなに「現場で考えて!」と

何回言っても

従業員は考えることができません







これを

料理にたとえてみます




もしあなたが


「いますぐ

 美味しいものをつくってください」


と言われたらどうですか?




こんな曖昧な要望では

作り手としては

何をつくればいいのか

材料は何が必要なのか

具体的なイメージを

持つことができません



「美味しいもの」の表現では

抽象的過ぎて

さっぱりわかりません






では

もしあなたが


「いますぐ

 豚汁をつくってください。

 材料費は2,000円です。

 量は4人分です」



具体的な要望を言われたら

必要な材料や調理時間などが

イメージできることでしょう







先日も

ある経営者の方とお話をしたときに




従業員が指示待ち状態


現場で考えることをしていない


もっと主体性を発揮してほしい





そのときには


「どのように伝えているのですか?」


「その内容は相手にとって

 わかりやすい ことばなのですか?」



と問いました





ようするに

現場が動いていないのは

現場だけのせいではない


厳しい言い方をすれば


従業員が主体性を発揮できない理由は


発信する側にも

問題があるということです






『すべての因は我にあり』

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



原因はすべて我にあり


自分自身ができていないのでは?


そういう思いを持つことで

自分を振り返ってみる



そうすることで

失敗の経験も生かされて

成功への道もひらける




『すべての因は我にあり』


その考え方を持てないと


すべて相手が悪い!

できないのは〇〇さんのせい!



そうなってしまい

いつまで経っても変わりません・・・






あなたの職場はいかがでしょうか?



従業員の声に耳を傾けていますか?



従業員は思うように動けていますか?



従業員が動けていないときに

それは従業員だけの問題でしょうか?



それとも

発信の仕方にも

問題があるのでしょうか?





自分自身の行動に

ちょっと目を向けてみる





そう書きながら

私が私自身の行動にも

問いただした内容でした







ほんの小さな心がけ






その「小さな一歩」の行動で



あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります




そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます




感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから

https://mail.omc9.com/l/02uQWW/DkVRP4SR/





それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/







☆編集後記☆


10月1日に封切された

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』



観に行く前に

前回作品の『007 スペクター』を

観ておくことをお勧めします!



じつは既に2回

観に行きました(^^)/




007と言えば

激しいアクションシーン


ダニエル・クレイグが

ステキすぎます!



そしてストーリーの展開に

のめり込んでしまいました



劇場の座席に

シートベルトが欲しい!


そう思ったほどの迫力があります(笑)




1回目では

見落としていたことや

わからなかったことが


2回観たことで

腑に落ちました




ダニエル・クレイグに

また逢いたいから

3回目も観に行っちゃうかも~(^^)/





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<無料ダウンロードサービス>


 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」


https://mail.omc9.com/l/02uQWW/wSUj1Lnh/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<過去のメルマガ・ブログ>


https://mail.omc9.com/l/02uQWW/xPvb897O/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、


これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。



◆------------------------------------------------◆

 運営者


 プレシャスパートナー 小島敦子


https://mail.omc9.com/l/02uQWW/dmkwAQ6J/

◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2021年10月6日 第263号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから

https://mail.omc9.com/l/02uQWW/9KAxT7hR/

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

計画は〇〇とつなげることが大事! <vol.277>

おはようございます あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です 昨日の1月11日は 縁起が良いとされる日でしたが いかがお過ごしでしたか?(^^) 1月11日は あたらしいことを始めるには とても佳き日だったようです その理由は 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび) 天赦日(てんしゃび) 甲子(きのえね)が重なる 最強の大開運日だったから 2022年のなかで 最強