top of page
検索
  • 執筆者の写真小島敦子

「人」と「出来事」をわけるとは?<vol.349>

おはようございます



あなたの会社、お店のファンを増やす

ファンづくりコンサルタントの

小島敦子です




明日から6月がスタート。


東京は

そろそろ梅雨入りの気配を感じる

雨模様の空です。



雨が降ると

何となく気持ちも晴れない


そんなことを感じることもあります。



これからの梅雨の時期は特に


カラフルな色の傘を使ったり、

明るい色の洋服を選んだり、

色彩を上手に活用して

気持ちも晴れるようにしようと考えています(^^)/









さて


前回のメルマガは


「部下育成のために必要なリーダーの役割とは?」


をお届けしました。




上司が部下のAさんに対して

思っていることを言いました。



「Aさんは

失敗を恐れてしまい、

なかなか行動しない状態になっている」



Aさんは

石橋を叩いて叩いて

これでもかというほど叩きます。


そして、石橋が壊れないことがわかると、

ようやく安心して一歩進めるタイプのようです。



ひと言でいうと

「自分に自信がない」のです。



そんなAさんのようなタイプの人に

上司は何をすればいいのでしょうか?






まだ読んでいない方

もう一度 読んでみたい方

見逃した方は

ぜひコチラをどうぞ♪





今回のテーマは



☆------------------------------------☆


「人」と「出来事」をわけるとは?


☆------------------------------------☆



突然ですが質問です。



最近、あなたが

「あっ、失敗した!」

「やってしまった!」



そんなことを

思ったできごとはありましたか?



人は誰しも

予想外の失敗や間違いを

起こしてしまうことはありますよね。



では、あなたの周りの

部下や後輩が失敗したときを

思い出してみてください。




あなたが

注意をしたり叱るときには、

どのように行っていますか?





そのときに大切なことは




▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽



「人」と「出来事」をわけること



△△△△△△△△△△△△△△△





そんなことはわかっているよ!


すでにやっているよ!




きっとそういう方もいると思います。



それでもちょっと

お付き合いいただけたらうれしいです。







たとえば

営業部で発注数のミスが起きたとします。




その際には

誰が発注をしたのか?



ミスをした「人」を突き止めて

その人に対して指導や教育をすることで

改善を図ります。




ようするに

「人」そのものに意識が向きます。




よって、この場合には

ミスを起こした「人」そのものを

責めることになりがちです。







いっぽうで

発注ミスという「出来事」に焦点を当てると、



どうすれば発注ミスがなくなるか?


そもそも発注方法に問題があったのでは?


業務の手順の見直しが必要なのでは?




このように「出来事」そのものに

意識を向けることができます。





だからこそ、重要なことは


「人」と「出来事」をわけることです。





わけるというのは、


ミスをした「犯人」探しをするのではなく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ミスが起きてしまう「原因」探しをすることです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


なので、

ミスをした本人を叱る場合の前置きとしては



あなた自身という「人」が悪いのではなく

あなたが取った「行動」が悪かったということです。





そのうえで

どこをどう変えていけばいいのかを確認します。



つまり、

行動、(出来事)に触れて、

その行動を変えることにつなげていきます。





すると

ミスをして叱られた本人は


「人」そのもののを否定をされたわけではなく、

自分の「行動」が悪かったのだと気づくことができます。






また、

「人」と「出来事」をわけて考えることで

相手への伝え方も変わってきます。




「人」に対して褒めようとすると

褒めることが苦手な人は、

つい抵抗感が出ることがあります。






でも

「出来事」に対して褒めようとすると

ことばが出やすくなります。




たとえば


仕事にスピード感が出てきて助かっている


手順を見直してくれて効率が上がったよ


後工程を考えて行動する点が素晴らしい




このように言われた「人」にとっても

具体的な行動を認めてもらえたことや、

コミュニケーションのきっかけも増えることで、


見ていてもらえる安心感・信頼感なども

ますます増えていくことでしょう。



まずは

「行動」に対してのことばかけを

してみるのはいかがでしょうか。






あなたが叱る場合には

どのようなことを心がけていますか?




やはり

「人」と「出来事」をわけて対応していますか?








ほんの小さな心がけ





その「小さな一歩」の行動で



あなた自身だけでなく

あなたの大切な

人間関係も変わります




そして

あなたの魅力も伝わり、

あなたのファンがさらに増える

きっかけになりますね♪



今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます




感想を送ってくださったら

最高にうれしいです!!



感想の送信はこちらから





それでは

また次回のメルマガで

お逢いしましょう(^^)/







☆編集後記☆



梅雨入りが間もなくの関東。



次の楽しみは

晴れている日に出かける計画。



梅雨明けしたら

何をしようか、

どこに行こうかと思案中です。



やっぱり青空を仰ぎ見て

太陽と海を満喫できる

そんな場所に行くしかない!



となると、あそこかなぁ・・・(^^)

ワクワク~~~






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<無料ダウンロードサービス>


 『また、あなたに逢いたい!』と言われる人が

  大切にしている「30のこと」




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



<過去のメルマガ・ブログ>




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎本メールマガジン

「ファンづくりの秘密」は、

「ファンづくりコンサルタント 小島敦子」が、


これまでの接客経験や研修、

実生活の中で感じたこと、

体験したこと、実践したことを

具体的に表現して、

あなたの「ファンづくり」に役立つ情報を

お届けします。


・「『また、あなたに逢いたい!』と

  言われる人が 大切にしている30のこと」

  をダウンロードいただいた方


・研修、セミナー、講演会にご参加いただいた方


・名刺交換をさせていただいた方


にお届けしています。


当該メールマガジンがご不要の場合は

最下部のURLから解除することができます。



◆------------------------------------------------◆

 運営者


 プレシャスパートナー 小島敦子


◆------------------------------------------------◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


《ファンづくりの秘密》メールマガジン

       2023年5月31日 第349号


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



ご感想の送信はこちらから



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「1番」の体験から学んだこと<vol.386>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 昨日、配信予定でしたが 配信設定を誤ってしまい 1日遅れの配信となりました。 2月14日は バレンタインデーでしたね。 この時期のデパ地下の チョコレート売り場は 以前は購入者の列ができたり、 誘導をするなど 大変な混雑でしたが、 今年は意外と 落ち着いている感じがしました。 そして、 この時期

あなたの心に住んでいるものの正体は?<vol.385>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 2月4日の立春が過ぎ、 暦のうえでは春に入り、 春の兆しがみえ始める頃。 そんな時期ですが 関東は久しぶりの雪。 積もるほどの雪は約2年ぶりでした。 大雪警報が発せられ、 足早に帰宅する姿を多く見ました。 私も千葉で仕事を終え、 帰宅する頃は雪の量が 増え始めた時間でした。 そして 雪が降った後

ルービックキューブのように<vol.384>

おはようございます。 あなたの会社、お店のファンを増やす ファンづくりコンサルタントの 小島敦子です。 早いもので1月も今日が最後。 明日からは2月のスタートですね。 二十四節気では 2月4日は立春です。 新しい1年の始まりと言われています。 暦のうえでは春に入り、 春の兆しがみえ始める頃。 そのため、 「立春を迎え、暦の上では春となりました」 といったフレーズを 見聞きすることが多いと思います。

bottom of page